えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2022/07/22 17:35<日本社会の恥部の拡大を考えよう。>

  全国の約7500の私立保育園連合会の前会長が、会の貯金の流用問題で警視庁に逮捕されました。次々に起こる事件、先日の日本大学の理事長の日大病院建設に係る汚職事件と同じく、組織の役に付くと必ず権力を当たり前のように利用し、私腹を肥やしてしまう。「利他」ではなく、「私欲」に溺れ、それまでの努力と功績を一夜にして崩し、犯罪者のレッテルを貼られ、親族、家族まで後ろ指をさされて、肩身の狭い思いをしなければなりません。

 

  特に政界や官界、業界、学会、組合など様々な団体の長になると公の金銭をその地位を利用して色々な名目を付け、あたかもその集団の発展の為や研修と称して会や団体のお金を私的な遊興費やその地位に留まる為の費用として上手に操作させるボス的存在をトップにすると、長期的にその地位を独占して幹部が何も言えない独裁者的集団となってしまい、必ず次第に活性化しないトップの私物組織になります。

 

  今、一国の指導者すら守れない国の官界の姿をみると日本全体の国力の低下の実状の表れを見て取ることができます。大学から幼稚園にまで進んでいる汚染されたリーダー達の非常識な状況を子供達にどう説明するのでしょうか。江戸時代なら、切腹か斬首です。それは自由のはき違いであり、その人たちの責任はどこに行ったのでしょうか。悲しい惨状の今の世です。これを立て直すにはもう一度、立派な国造りを常に考えていくことです。そして、目の前のことに行動することです。挫けてはならないのです。