えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2022/08/03 11:01《地球上は大きな変革期に来ています。》

 今回のロシアのプーチンが国際上の決めてある条約は全く無視し隣国ウクライナへ強力なる兵器と大量の兵士を導入して侵略、丸腰のウクライナ人の子供や老人の市民を無差別で殺害している戦争犯罪を4ケ月近く行い、まだまだ終わりの見えない地獄絵図の現実が続いています。

 さて、この惨状を他人事だと思ったり、又遠い国の出来事だと思ってはならないのです。歴史は教えています。必ず繰り返すと。それと世界の潮流の変化です。アメリカがアフガニスタンから米兵を撤退させ、トランプ前大統領やその前のオバマ氏も、「アメリカは世界の警察官の役は終わりにします。自分の国は自分達の命とお金で守って下さい。」と、アメリカ自国第一主義をはっきり宣言しています。

 そこを突いて一段と侵攻の為の軍事力の強化を行っているのが近隣の日本海向かいの三国です。核、ミサイルを持ち、いつでも、平和ボケで、攻撃しても反撃も出来ない、しない。憲法で言葉だけの平和主義で、またアメリカが守ってくれると思っている日本。この三国はいつでも攻撃出来る準備も訓練も常に行っているのです。例えば中国で日本に狙いを定めたミサイルが何基設置されているか御存知でしょうか?是非御自身で調べてみて下さい。

 今、ヨーロッパの国はロシアのプーチンの攻撃に死に物狂いで愛国心に燃えて戦っているウクライナ国民を高く評価し、EU、NATO連合国は武器を薬を食料を贈って支援しています。特にドイツのシュルツ首相は凄いです。中立でプーチン寄りだった北欧のノルウェイ、フィンランドや東欧の国も、あの気概あるウクライナ人への好感度で援助しています。

 もし日本が尖閣諸島や北海道が攻撃されたら、日本政府も国民も立ち向かう気概や勇気、武器を持って戦う気力があるのかと心配です。

 独立国家として命と主権は危機意識の中から生まれます。想定外の事態が起きて来た事はこの地球上に沢山あります。

 

 日本は四方を海で守られてきましたが、今はボタンを押せばミサイルが逃げる間も無く着弾する時代です。その対応、国民は政治を軽視したら日本は滅亡します。もの凄いスピードで変化しているのです。リーダーはいるのか?国民が日本を守る戦いに立ち上がれる気概があるか、です。