えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2014-09-29 06:57:58.0『このマイナスイメージの損害、誰の責任なのか!』

夢と希望を持って待ちわびていた北陸新幹線の開業の日が来春3月14日と発表されましたが、その内容に私達上越市民は愕然とさせられました。

>新幹線の速達型「かがやき」が、新潟県には1日に1本も止まらないという驚きと失望のJR本社の発表です。

 

上越は戦う前に長野、富山、金沢という地域間競争に敗れました。 あの発表があった日の新聞記事の東西JR本社の幹部の言葉は、「富山、金沢の両市の新幹線に対応する準備・熱意は上越とは(明らかに)違いがハッキリ表れている」と厳しく指摘し、警告に近いコメントの発信が記載されていました。 この事実は素直に受け止めざるを得ません。

この新幹線開業に対する大事な事業の要を上越市役所の企画政策部の新幹線対策室が仕切る中、行政は3年前に越五の国(上越市・妙高市・十日町市・柏崎市・佐渡市)新幹線連携会議を立ち上げ、新幹線開業対策会議を何回も開催しましたが、結果的にJR本社の幹部が期待する程の企画や面白いアイデアや心を惹きつけるこれはという町づくり、通年の観光事業や企業、学校、大手研究機関の誘致運動なども無いままに、完全に長野や富山・金沢の強烈な想い、情熱に敗れたのです。 この屈辱的なマイナスイメージや損失は誰が責任を取るのでしょうか?

 

今回のこの新幹線の事業は駅名から始まり様々な検討委員会の取りまとめは事務局である上越市の幹部が仕切ったのです。 大学教授や商工会議所、民間の一部の市民もいましたがほとんど行政側の原案通り異議無しの諮問会議で事を推し進め、議会で議員がアイデアを出し色々な問題を提議しても役人は絶対に議員のアイデアや政策提言を取り入れません。 そこが上越全体の発展が遅れる原因だと思います。

一番の新幹線対策責任者がこの3月31日で定年退職し、退職金を数千万円ももらい、また新幹線に関わる部所に再雇用されているのです。

一番速い新幹線が止まらない損失は、上越地方の民間企業に多大な影響を及ぼしますが市や県のお役人さんの所得には一切関わりが無く、「上越妙高」駅に列車が止まらなくても関係無いという感じです。

 

この歴史的な新幹線開通のチャンスを最大限に活用して、この上越地区を発展させてこそ市民の幸福と平和を実現することができると思います。

地方創生の謳い文句は立派でも今の上越市、またこの地域は名指揮者不在のオーケストラです。 監督・コーチのいないサッカーチームと同じです。勝利を勝ち取るためには、神様にすがるより方法がありません。

『どうか、このかけがえのない町に名指揮者か名監督の実力のある人をお与え下さい。人材こそこの地域の宝です。また、人材を育てなかった罪と政治に無関心だった罪を神様お許し下さい!』