えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2014/12/30 16:27お正月に思う

 明けましてお目出とうございます。

 国旗を玄関に掲げましたでしょうか?初詣で神様の前で何を祈願されたのでしょうか?

 お正月は昔から一家団欒、女性は台所に立たず、女衆を休ませるために料理を沢山作り、お節料理を三箇日で食べるのが日本の伝統でした。

 しかし、近頃はその良き風習がどんどん消えて来ています。日本髪、和服着物、正月映画、雑誌新年号の絵本、初売大売り出し、双六やかるた取り遊び等々、今は懐かしい思い出となってしまったものばかりです。それに家の中でも、人間同士の対話が切れること無く、にぎやかで楽しかったことの思い出がお正月の印象として残っています。

 それが現代では大型店やコンビニが、元旦から休まず営業しているのを見るにつけ、それは便利で売上も多少は上るかもしれませんが、そこにはお正月を楽しむおと云った余裕がまったく感じることは出来ません。正にユダヤの商人と化した経済優先のこの国の、この地方の形が見て取れるのです。

 私は「昔はよかった」と云う懐古趣味はありませんが、それでも日本人の文化、習慣が凝縮しているお正月の風習が我々の生活から段々消えて行くことに「これで良いのか」甚だ疑問に感じています。

 日本人は常に新しいものを求め、明治以来進歩的思想や技術を積極的に取り入れ、その結果日本は一流国家となり、昭和20年の敗戦からも日本人は懸命に働き努力して、いち早く復興を遂げ、世界から羨望される、存在感のある国家となりました。

 しかし残念ながらその間、逆に日本の良き伝統・文化が薄れ、または失われて来ていることも事実です。特に戦後“人・物・金”が東京をはじめとする大都市に集中し、地方のエネルギーのすべてが吸収されて行きました。その結果地方の町や村は過疎化が進み限界集落と化し、田畑は荒れ放題と云う問題が生じて来ています。新しいものやお金のみが人間に幸福をもたらすと思って邁進してきたツケが回って来たと言えます。

 古来からの日本の高い文化性と崇高な霊性から生まれた『和』の精神が“古い”の一言で否定され、本来日本人向きではない欧米の習慣、文化、システム等が入り込んでいます。これはアメリカが良く口にする“民主化”の思い通りの成功事例なのかも知れません。

  日本人は和服を着て、和風の正月料理を食べ、日本酒を味わい、騒々しいテレビ・新聞は遠ざけ、家族、親戚、ご近所、友人知人と語らい合う場を楽しむのが日本の正月の過ごし方です。

 これからの日本を担う若い方々に本当の日本の良き慣習を継続して行って頂きたいと望む一人です。