えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2015/03/06 03:53『川崎市中学一年生殺害事件』原因はやはり今の教育にあり。

 川崎市で、中学一年生、上村僚太君が無残な姿で殺害された事件が、連日テレビ・新聞で報道されています。この世に生まれて13年。短すぎる人生でした。

顔写真を見れば、まだあどけなく笑顔の可愛い少年です。我が子を突然を失ったお母さん、お祖父さん、身内の皆さんの悲しみは如何ばかりでしょう。私たちの想像を超える苦痛の日々だと思います。そして現場から遠く離れている私も僚太君の冥福を祈り手を合わせます。

 

 それにしてもあの多勢で弱い者を、それも刃物使って残虐な殺害を犯した卑怯な若者3人。彼らへの怒りが込み上がってきます。しかし私はこう云う事件は起こるべくして起きたと思っています。

それは“今の日本の社会、学校、家庭において、教育の理念の間違いを正そうとしていない”からです。

 

 この日本では、教育を生業としている学者、官僚、評論家、政治家、教師など、それこそ星の数ほどの人達がいて、名論卓説を述べています。また歴代内閣においても高名な人たちが集まって会議を重ね、首相に答申していますが、その都度文部官僚や日教組の頑強な抵抗に合い、答申案はつぶされてしまい実行されることは殆んどありませんでした。それが我が国の教育の現況です。よって本当にやらなければならない教育そのものの改革が成されず、その結果このような悲惨な少年犯罪が次々と繰り返される日本社会となってしまったのです。

 

 以上の現在おかれている教育の現況を見るに付け、私は次のことを訴えます。

① 現代は地方分権の時代です。教育においても巨大化した国家権力による中央集権的教育制度ではなく、地方に義務教育の全てを任せるべきです(私は江戸時代の藩校制度を理想とします)。したがって文部省は不要となる故、解体しなければならない。

法律が教育を縛るから時代の変化に対応する教育が出来ないのです。             

② 幼年ー小学校ー中学校ー高等学校までを義務教育一貫性とし、特に人生の基礎を築きあげる中学校3年間は全寮制とする。

③ 教師は労働者ではない。よって教師の労働組合『日教組』は解体する

④ 教育の基本は道徳教育。人間教育を優先させる。そこでは日本風土に適した『礼』『勤』『忍』『仁』の武士道精神を教え込む。

⑤ 語学、科学、数学の一般教養科目を極めさせることはもちろん、これからの日本が直面して行く少子化問題、国防問題、農政問題、環境問題、外交問題、経済問題、身近では郷土愛、人間の絆の諸問題を取り上げ徹底的に討論させ、実践させる教育を推進する。

⑥ 個人主義より共同、共栄の意義を教え込む教育を。

 

 今、地球上の国々で宗教観、部族の違いで絶えず争いが絶えない国が在ります。それらの国々は今後50年、100年後も発展することは無いでしょう。それは未来を担う子供達への教育が争いの中では真面目に成されていないからです。

 

 ひるがえって我が日本国においても悪しき自由と、悪しき論理に毒された現在の教育を続けて行けば、やがて日本人の民度は落ちて行き、国力は衰退して行くでしょう。

 私たちは2000年の伝統と歴史を誇る日本固有の思想、生活習慣、伝統文化を今一度取り入れた教育を成し、子供たちに自信と勇気が自然と湧き出でる『善因善果』の方向に進むべきです。

 そうすれば将来が明るく、未来が開けて行くと確信します。

 

  子供たちに正常な精神を育ませることが教育の『第一義』とは思いませんか。私はそう確信しております。