えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2015/12/26 16:26今年もあとわずか。皆様にとって充実した一年でしたでしょうか

 平成27年の総括。私にとって今年は一日として「ゆっくり休んだ」と言う日が無いほど忙しく充実した一年でした。

 

 弥生3月、私が創業してから40年、郷土料理と地酒の店として愛されてきた『雁木亭』が新装開店いたしました。開店後も多くの皆様にお出でいただき、評判も良く、感謝しております。ありがとうございます。

 

 3月~4月12日、県会議員選挙に向け、かっての同志であった「小林林一」氏を支援し、高田地区からの代表であった故「いちむら孝一」氏の意思を引き継いで欲しいことを鑑みて、県議選に没頭いたしました。結果は小林林一県議だけ票を伸ばし当選を勝ち取りました。

 

 4月25日、来年に控える上越市議選に向け、後援会幹部の人達と対応を協議致しました。

 結果として、後継の適任者を捜し切れなかった。さりとてこの大事な高田市街中心部から市政への空白、停滞は許されない。後援会として再度「行政に市民の声を届けろ」と言う声が圧倒的多数でありました。よって引退は叶わぬこととなり、政治活動の続行を決意いたしました。

 

 8月5日、デュオセレッソに410名の支援者、市民の皆様にお集まり頂き、盛大に『市政報告会兼納涼大会』を開催しました。5月~7月はその準備等で上越地内を奔走していました。

 

 今年は北陸新幹線開通という、それこそ上越地域にとって黒船襲来に匹敵する大事業が完成し運営が始まりました。しかし案の定、私達が指摘した通り駅名の頭が『上越~』では全国的には全く通用せず、全国的に定着している『高田』『直江津』のイメージは失われ、折角の新幹線効果が現れて来ていません。特にかっては交通の結節点であった直江津地域の衰退ぶりは目を覆うばかりです。

 また新幹線新駅前の開発が進んでいないこの状態はどうしたことでしょう。私は「20年も前から判っていていて準備室を立上げながら何をしているのか」と、市議会の一般質問で毎回行政の考え方と責任の所在を問い質して来ました。

 

 また私は、常任委員会、特別委員会の勉強会、各地視察、地方創生、人口問題のセミナー等への出席し、その中で、市民からの困り事、苦情、陳情を聞き、双方納得のいくよう努力しました。

 さらにライフワークとしている武道関連の行事に参加し、青少年育成のため邁進しました。

 その他にも町内会の行事、各種会合、高齢で健康を害されている後援者へのお見舞い、葬儀参列、大事な地域での近況報告や市政報告会の開催、そのための手紙や会報の発送業務等々。

 なにしろ秘書を雇う余裕も有りませんので、すべて私一人でやらなければなりません。しかし自分を常在戦場の状態に置くことは毎日が真剣勝負の日々であり、それが頭の刺激となり私の健康維持法であり生きている価値の源泉であると感じています。

 

 大晦日には年越しそばを食べ、来る4月の戦場で戦い抜く気持ちを整理して新年を迎える所存です。

 皆様方に置かれても来たる年が幸多いことを祈ります。

 

 いつも私のブログを拝読頂きありがとうございます。来年もまた『えいじま義雄の蓮風便り』を読んで下さい。では良いお年を‼