えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2016/04/06 18:50本物のプロスポーツ界の人間性とは何か

最近のプロスポーツ選手がファンを失望させる行為や事件が目立ちます。プロのスポーツは憧れの世界であり青少年たちの夢の目標でもある職業です。それだけにその世界にいる選手の行為や発言は社会に大きな影響を与えるのですが、その自覚と責任感が欠如していると言わざるを得ません。プロの選手と言うものはイチロー選手に代表されるように常に高い目標を持ち、それに近づくための徹底した自己管理を維持できる人とそうでない人とははっきりと差が現れるものです。自己管理ができず、才能だけで渡り歩いてきたプロ選手が引退後、自己管理ができず、何十億と稼いだはずなのに素性のよくない人間と交わり散財してしまい挙句の果ては薬や犯罪行為に手を染めるなど、そのプロ選手に憧れた人々を裏切ってしまう事件もありました。

 私は相撲の世界にいたこともありますので、昨今の横綱白鵬関の相撲は横綱の取る相撲ではありません。堂々と相手の相撲を受け止め、圧倒的な力で勝利するのが横綱の相撲です。ただ勝てばよいと言うのは相撲ではありません。気高い精神性と品格が求められるのが相撲であります。

 武道の世界では一瞬の気の緩みが勝敗を決します。その緩みを少しでもなくすために稽古をします。練習と混同されがちですが、稽古というのは精神力・忍耐力も鍛えるもので練習よりも遥かに厳しいものです。

 私は人間というのは生涯稽古を積み重ねていくものだと思っています。自らを律していく修行であると思っています。

 他人に厳しさを求めるのであれば自らがそれ以上に厳しく、自分に克って生涯をすごしたく考えています。

 プロ選手の皆さんは国民の期待を裏切らず、尊敬され続け、子供たちの手本になって頂きたく思っています。