えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-04-08 01:09:52.0<県立武道館の施設を上越市はどう活かすのか?>

  県立武道館(仮称)の建設が上越市のスポーツ公園の所で始まろうとしています。上越地区に県立の施設を90億円の予算で建設するのは初めての事です。 

 この武道館の名称を「謙信公武道館」と言う名前を付て欲しいと県庁の担当部署に先日、私と上越武道連盟の理事長の青山 勲氏で要望書を持って陳情に行ってまいりました。

 交流人口の拡大や上越市の発展の為には色々な政策がありますが、上杉謙信公の生誕の地として歴史あるこの地をもっと全国にPRし、観光・スポーツ・コンベンションの町として目玉を絞り「まちづくり」の政策実現を行うべきではないでしょうか? 

 今後、念願の武道館が完成したならば、本当にこの施設の価値を高め活かす事が必要になります。その事はまさに県や市の行政にとって、大変重要なやり甲斐のある事業だと思います。 

 我が上越市のキャッチフレーズを「義の心のまち」と「武道と道徳のまち」とし、これは謙信公のイメージにもぴったりと重なり、日本人の心の原点もまさにここにあります。 

 気高き聖地、春日山城址や林泉寺を通年観光の看板施設にするべきです。私たち市民も多くの観光客を、「義」を持って心待ちする町として誇りを持たなければなりません。

 さらにこの町は、もっと小学生の学校教育や地域全体での武道教育レベルを高めるべきです。その為にも市当局や市民も武道にもっと関心を持っていただき、人格形成に重要な影響を与える幼少期の肉体と精神の健全な育成の為に、武道教育・武士道精神と礼儀や内面の忍耐力の強化が必要です。 

 そして「卑怯を憎む心」をきちんと育てるべきです。この事が成人としての基礎教育にも繋がり、この実現に大きな役割を果たすべくシンボルとして武道館の存在があればと思っています。 

 「仏」つくっても「魂」入れずの町にしてはならないのです。人間の魂は幼少の頃の教育で決まります。将来を創るのは今何をするかにあるのだと思いませんか? 

 交流人口を増やし、なおかつ青少年の健全精神の修業道場が「県立謙信公武道館」になればと強く願いながら夢を見ています。