えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-08-07 21:06:43.0トランプ政権の混乱でわかるアメリカの文化、歴史の品格

 トランプ政権は予想通り混乱を続けています。政治経験の全く無い人が、あの複雑で大勢の官僚や政治家、財界、軍人、宗教者、団体、福祉、教育、人種問題、犯罪組織、外交問題、対マスコミなど、どれ一つを取っても、あの面積の広いアメリカを仕切ると言う事は、一筋縄で出来る事ではありません。

 トランプ氏は会社の社長、民間企業の経営者でしたから、リーダーとしては、その手腕は物凄い力のある人間だと思いますが、政治の世界は別です。アイデアが豊富で、発想が奇抜、行動力があって、発言も個性的、好き嫌いがはっきりしていて、自分の気持ちをストレートに言うのが、企業経営をしているトップに共通しています。しかし、独善的で、激しく強い性格で、あまり他人の意見を聞かず、只、前に前にと攻撃的な性格の人が多いですから、当然、本音と建前の違う政治の世界では、トランプ流のやり方では、あの様に次から次へと衝突や辞任の繰り返しで、安定したトランプ体制には、まだまだ相当時間が掛かると思いますし、最後まで混乱が続く国になるかも知れません。

 アメリカやヨーロッパの西側諸国は、首相、総理、大統領に対して、与野党やマスコミ、国民も、権力を持つ者に鋭く批判したり、NOを突き付けます。しかし、共産主義の一党独裁体制の国は、それを行うと言う事は、死を覚悟しなければなりません。よって、政治的な役職に就いている人間は楽ですし、国営の報道関係者も批判記事を一切公表しないので楽だと思いますが、国民は、権力の言うがままで、黙して語らずの国になってしまいます。

 アメリカの自由は、当然、混乱の自由も有り、一人一人が銃を持ち、自分の身は自分で守る。自分達を守るのは、自分達の「銃」と「核」で守ると言う哲学と伝統です。ですから、日本が攻撃された時、本当に守ってくれるのか、私は信用していません。平気で、東京、広島、長崎の非戦闘員の頭上に爆弾を落とし、何百万人も殺した国は信用出来ません。今でも、人種差別をし、個人の銃規制や国民皆保険をしない国です。日本民族の誇りの一つ、「和」や「義」の心の無い国を信頼出来ません。

 トランプ政権を見れば、アメリカの文化と伝統の質がわかります。その国の政治家を見れば、その国がわかります。国民、市民のレベルがわかるのが選挙です。