えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-10-30 20:07:56.0教育勅語を忘れて育った時代

 今現在、一番の難題は正しい事を伝え、教える事である。自分の分身とも言える子供を、責任を持って正しく教え育てている親がどれだけいるのか、調査してみたいと思います。

 親子、夫婦、兄弟姉妹が、まず一番近い人間関係です。その次が子供時代から学校にて、先生、同級生、先輩後輩との人間関係を体験し、卒業してから会社、職場の中で人間関係が生まれていき、大人としての社会との関わりの中で定年近くまで過ごすと、近所、地域と言う人間関係がまた表れて来ます。この私達が生きている社会において、まず一番の人間としての基本は、やはり幼稚園頃からの人間形成から始まります。

 子供は全く純真です。真っ白ですから何色にも染まります。またどんどん色々な事を吸収する時期ですから、家庭環境、親の影響を大いに受けます。その環境の中で、肉親家族から社会のルール、常識の基本が積み重なってくる時期です。子供の教育は、やはり親の責任として、躾だけは厳しく、礼儀から心、精神的な強さ、社会のルールなど、親や年上の者が、まずお手本として示すべきです。全ての生き物は、親の愛情を一身に受けながら、生命を全うしますが、幼少時代の家庭環境は子供が選べないですから、いかに強く、正しく生きるかを、親や年上が教えるべきだと思います。

 近頃の世の中は、あまりにも情報が過剰で複雑ですが、一昔前を振り返り、先人達の知恵、やり方を学べば良いと思います。新しい物が全て一番ではありません。世の中、変革も大事ですが、変えて良くなる物と、変えてはいけない物があると思います。昭和23年に廃止した教育勅語を、私は復活すべきであると思います。日本の一流企業でも不祥事ばかり、いかに基本的な精神教育が失われているかが表れた国になっています。益々弱弱しく、情けなく阿呆になって行くこの国、どうなるのか、心が痛みます。