えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-12-24 08:33:18.0♢ 人材難、リーダー不足とその原因を考える ♢

 

   今年も残り数日で、終わろうとしています。世界の平和を祈る人が大勢おりますが、再びアラブ人とユダヤ人が、アメリカのトランプ大統領の一言で、テロ事件をイスラム過激派が世界中の至る所の場所で、いつ起きてもおかしくない非常に危険であり、不安な事が起こりそうな状況になっています。

 

 又、アジアでは北朝鮮の不気味で何をするか分からない国家の、核武装やミサイル開発が、いくらアメリカや日本も韓国も北朝鮮の金正恩体制に制裁や圧力加えても、又、数年前から同盟国同志の政治家や、官僚のトップクラスの人間が話し合いを行っても、なんら北朝鮮はひるまず、益々軍事力や特に核開発やミサイルなどに力をいれ、大量殺人兵器を着々と開発。米国や当然日本やヨーロッパまで飛ばせる核を搭載した大陸弾道弾開発を続けています。しかしながら誰も止められません。

 

 まさに脅威の中で新年を迎えなければなりません。 政治の世界は一寸先が闇夜です、どこの国も自国の平和と繁栄をまず先に述べていますが、何千年前と全く同じ血を流し、人間の死体が山になっても、真の平和をこの地球上に誕生させられないのです。 最近特に偉大なリーダーがいない不足の時代に入っています、我が足元の上越市を見ても、旧市街地から県会議員や市長候補の話など、あまりないのは人材難の表れです、世界も日本も上越市も同じです。 

 

   しかし歴史を視ると謙信公が活躍していた戦国時代や、明治維新のあの近代化を成し遂げたあの時代、日本中に人材が沢山ゴロゴロしていました。又、昭和の時代でも、国にも地方にも政界・財界・スポーツ・芸能界にもスター級の人材・リーダが沢山いましたが、平成の今日はどうでしょう・・? 日本相撲協会の無様な混乱は本当の実力者のドンが居ないからです、親方も軽くなり、弟子の指導も不足になり出来ない親方が増えているからです。

 

 別な見方をすると厳しさ激しさが無くなった為に、強く厳しいリーダーが嫌われ、誰にも好かれないから皆んなで本音を言わず、我れ関せず、全体も見ず責任も感じずリーダーにならないのが利巧者と言う考えが、人財不足、人材難の社会を作っている原因でないでしょうか。

 

 私はそんな気がしてなりません。切磋琢磨からリーダが育つのです、そしてチャレンジなのです。

豊すぎるから人材が生まれないのです、歴史が教えています。     では又、