えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-06-28 12:19:38.0♢ 学びながら人生を豊かに、脳に刺激が必要です ♢

 H30621日政治塾「琢磨の会」上越市民プラザで開講しました、今月の勉強テーマは、上越市の観光振興を学ぶと言う事で、上越市産業観光部の五十嵐裕 観光課長を招き、約2時間に渡りの勉強会で行政側の方針・説明を拝聴し、その後事前に会員より出された12件の質問意見等に応じ、課長はすべて丁重に答えて頂きました。 又、再度会員より市民目線で上越の観光の取組について厳しい意見が議論として上がり、行政サイドで感じていない角度やアイデアなどの政策提案の盛り込まれた2時間の勉強会でした。

 

 「琢磨の会」は本年に入り教師以外に初めての教育長の「上越市の小中学校の教育方針」5月は「財政状況と問題点」を専門の市当局の担当者より伺っています。 とにかく市民は自分の住むまちの事を知り関心を持ち、市民が上越市のために何を出来るかを考えて行動をする仲間をつくる事が必要であると思い、この塾を楽しく運営しています。 来月は妙高市に伺い関山神社・岡倉天心六角堂を見学し、111歳まで生きられた後藤はつのさんの生命力のある絵画展を鑑賞する計画です。

 

 皆さんも「琢磨の会」に参加し良い仲間を作りませんか・・・・! 

           人生すべて勉強です。  では、