えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-09-09 07:12:12.0♢ 異常な自然界の姿で感じる事 ♢

 大型台風21号が過ぎたと思ったら、すぐに北海道全域を襲った震度7の地震で水道・電気等のすべてのライフライン閉ざされ病院では人工透析が出来ず、又災害被害者の診察も出来ない状況が報道されたり、関西空港では高潮被害で飛行機が発着出来ず物流がストップして日本経済に影響が出ると思います。北海道の停電や一部の交通機関で、何とか昨日までに徐々に復旧して来ましたが現代社会の中で電気や水道があって当たり前と思っている私達は、いかに災害にもろく重大な事と改めて認識する必要があります、又.高層マンションでの暮らしの人達(特にお年寄り)はエレベータが止まり、火も水も止まれば想像も出来ない過酷な生活をされている事だと思います。

この大きな自然災害はいくら人間が優秀な頭脳や科学技術を開発し、持っていても自然の前では太刀打ちも出来ません。 

 

 人間は時々自然を征服したなどと思いあがる言葉を使う人もいますが、それは大きな誤りであります、私達日本人は遠い先祖より自然は神だと思って手を合わせ、自然の怒りにふれないように自然の恵みと共同し、感謝する生活を送って来ましたから今日があると思います。 あまり人間が勝手すぎますと自然界が怒り、人間に苦痛の戒めを与えているのではないかと思えます、便利さや経済でお金を集める事に集中し,空気や水や大地.海まで好き勝手に汚染している今日、自然災害は人間に自然が復讐しているのではないかとそんな予感がしています。  

                                                       それでは又、