えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-10-30 16:11:11.0<今日の不正社会に明日があると思いますか>

 

 安心と安全は社会が正常か異常かを知るバロメーターでもあり、将来を予測する貴重なデータでもあります。

 

 特に最近のニュース報道を見ますと連日〇〇大学医学部入試の不正、耐震工事のデータや機械メーカーの不正、又一流建設会社の談合不正、〇〇銀行融資に関する不正、省庁の障碍者雇用のデータ改ざん不正、病院・医療・薬などの不透明で不安を煽るような記事、健全であるべきスポーツ界の不正、教育現場や行政内部のいじめ、パワハラ、一向に減らない子供の自殺、働き盛りの方の精神障害による引き籠もり、鬱病者の増大などは学校や企業の隠蔽、不正から問題をより深く広がりも拡大しています。

 

この社会問題の基は人間の倫理観の欠如と言うべきですが歴史から見て過去の人達の方が現代人より遥かに高く高潔な人造りの教育や社会の仕組み、習慣の中で今以上の高い道徳心を自然に身に付ける環境が備わっていました。だからこそ江戸から明治以降にかけて世界の列強の一国として資源の無い国でありながら、あれだけ世界を相手にアジアの植民地解放のために戦い廃墟の復興して来たのは正直で真面目で正義感と責任感が旺盛な国民性を持ち、約束や規律を守り時間厳守など何事にも厳格な家族制度、学校教育の中での人造りを行って来た賜物でした。

 

 しかし今の社会は金銭や物欲、集団より個人優先の毒された個人主義が徐々に堕落した不正を生み不安な社会状況が幅をきかせている国になっています。これでは本当に次の日本が心配です。

 

     では又…