えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-11-23 21:12:59.0この寂しい時代の流れ、このままでいいのかなぁ~

 平成の時代も残り少なくなりました。思い返せば昭和30年代、戦後の復興に向け、この上越地方も随分活気があり、映画館など土日は立見席もギッシリ。まだ家庭にテレビが無い時代ですから、大衆娯楽のトップを走り、名画、名優、名監督がキラ星の様にいました。そんな映画館も全国的に少なくなり、映画と言う文化も希少な価値であると思っております。高田に只一軒、本町六丁目に高田世界館があります。日本随一のバルコニーのあるレトロな映画館です。市民の皆様で応援して、このまちの古い文化を守りましょう。

 また消えてしまった娯楽の一つにお祭りでの奉納相撲大会があります。神様に疫病退治や五穀豊穣を祈り、神社の境内の土俵で盛大に行われ、企業の相撲部や青年会など、日本の男なら誰でも相撲が取れた時代でした。まだごく僅かに残っておりますが、この灯も消えないように今必死です。

 新しく生まれてくるものがあれば、消えて行くものがあるのは承知しておりますが、高田の街からデパート、いづもや、長崎屋、大和が消え、直江津からも近くイトーヨーカ堂が撤退するというニュースを見ると、どんどん寂しく旧市街地が衰退の道を歩んでいる様な気がしてなりません。まちの中から元気が消える、楽しみが消えると言うのは、市民の顔から笑顔が消えるのと同じです。

 まだ私が20代の頃、全国的にトリスバーやニッカバーが流行り、カクテルとアメリカの音楽、ジュークボックスからプレスリーやポールアンカが流れ、人々は一時のバーでの語らいが、コミュニケーションの場であり、娯楽の場でした。しかし、仲町や直江津の夜の街からネオンの灯は消えています。今の若人は酒も飲まず、人と逢って語り合う事が苦痛だと言う事で、ただスマートフォンやパソコンと向き合い、それで物を買ったり、色々な情報を楽しんでいるようです。どんどん時代は流れていますが、年寄りにとってそんな現代社会は決して情緒があって楽しいとは思えません。

 街の中が暗くなる。そこを食い止めるのは行政だけでは出来ません。この町に住む住民の協力なくして出来ません。運命共同体なのです。