えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-11-28 16:25:44.0♢ 高田で見る事が出来た本物の芸術 ♢

 久しぶりに本物の芸術作品を観賞し、その絵の前で魂が高まり感動しました。 本物の芸術は恐ろしい程、作者の思い人柄が伝わるもので感無量の個展でした。

会場は本町5丁目の久保田祥子さんが経営しているギャラリー祥さんの開展10年記念としての、木下晋さんの個展でした、絵の具や筆を使わず鉛筆だけで描き上げた人物、顔と手が写真以上にリアルにその人物の人柄が作者の心を通して鋭い迫力で、見ている私の心にそのモデルの人の喜怒哀楽が伝わって来ました。 それは作者の表現能力の高さ.スケッチ力.技術力の高度な技量が生み出ている、質の高い芸術作品だと思います。

 

 白と黒の世界だけなのに、色もにおいもあり、そのモデルの声や空気まで鉛筆で表現して有りましたから、なおさら絵を描くと言う絵の本質を描ける世界を追い求めた木下晋さんは、今は世界の画商や有名美術館が購入展示している作家で、日本でも一流の美術館で個展を開いている作品が良く高田の画廊で個展が開催できた事は、久保田様祥子さんが何年がかりで木下さんと誠心誠意ど口承された結果だと思いますが、本物を市民に見て頂き芸術とはこう言う気構で造り上げて行くものだと多くの市民に訴えが伝わった作品展だったと思います。 ギャラリーの経営など大変だと思いますが、歴史と文化のまちらしく、頑張って又良い作品を見せて下さい。