えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-12-11 07:38:47.0♢ 発展.活性化.幸福は天の法則を守ること ♢

 私の願望の一つは「市民の幸福度の高い国.まちをつくる事です」 人間の一生は長いようでも短いです、生き物は必ず死にますが時間だけは公平です。世の中.幸福と不幸があり又、善と悪があり天国と地獄すべて人間が作っています。

 

 お金や地位、名誉があるから幸福と思いきや人間の欲望は欲望を生み、汚くなり決して幸福ではありません、あのゴーン氏もその一人です、あの眼は善人ではありませんし眼は心の窓です

 

 今日の我が国と上越市の市民の満足度.幸福感は決して高いとは思いません、人口減少と高齢化の波、自然災害の多発、人間同士の絆の減少、昭和の時代より屏息感が増しています、こう言う時代こそ孤立をせずに良い事を考え良い方向に進む同志を作り行動する仲間を作ることです、そして正しい歴史観.国家観を勉強し、一人一人が良い人になれば世の中が正常になり治安も良くなり暗いまちになりません、社会資本の充実も大切ですがその前に良い人が大勢いるまちをつくればそのまちはどんどん積極的に明るく正しく活気も生まれ、善転転回のの方向に進み屏息感から抜け出せます、政治は色々な事をやらなければなりませんが、リーダとなる人を作る事も仕事です、リーダを作ることをしない所はすべてに停滞と不幸が増しますし、不満や不安.混乱が始まります。   良い人は協力し合いますし行動力もあります、そして勉強もします、そう言う市民が集まるまちを一緒に作りませんか。

 

 私の自論「良い人が集まれば良い事が起きる」天の方則です、誠実の心の集まりが天の通です。                                                                     それでは又、