えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/04/10 09:15♢ 人間社会は運命共同体 ♢

 

 親が頑是ない子を殺し、子供達がいじめで自殺している平成の日本、そろそろ正常な「正法」の時代から末法の時代へ突き進んでいる人間同志、家庭の中で.町内会の中で怨み辛み、会社の中も学校の中も社会全体が地獄で呪われているような世の中です、弁理になった社会が絶望的な末法にしてはならないのです、仏教では末法の時代は一万年続くと言われています。 あれだけ貧しくても、子供の声が町内にあふれ、お互いに食べる物まで分け合い、お風呂を焚けば近所同士で入り合ったり、他人であってもお互いに理解し合う「情」が溢れていたあの時代、明るく楽しく温かかった家庭や学校や町内会や職場はどこに消えて行ったのでしょうか・・! 

 

 明治.大正.昭和の時代、日本の良さが有りました、自殺も今より2万人も少なかったのです、年々増える自殺者、長寿国と言われている割にこの自殺者や犯罪で殺される人数が増へ人間対人間の温情や厚情が消え、空家と貸店舗の町中と人口減少で消え行く集落暗くなるばかりです、その原因はこの国の目標が無いからです、政治や政治家「政」事を粗末にし軽視をし差別をしたからだと思います。

 

 新しい「令和」の時代、新規一転.新しい灯を一人一人が灯し万燈に致しましょう。                              末法.滅法にブレーキを!!   では・・!