えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/04/17 18:50♢ 県立武道館の名称「謙信公武道館」に正式に決まる ♢

 県立武道館の名称が「県立謙信公武道館」と県知事が417日午前10時に記者会見を行い正式に発表されました。

 

 私が平成233月の議会の一般質問で村山市長に、北陸新幹線開通や高速道路の整備が進む中これだけの交通機関の拠点の好条件を持つ上越市に多くの人が訪れやすく、又集まりやすい上越市に県立武道館を誘致する考えがないのか訴えました、武道精神の租と言うべき上杉謙信の生誕地としての誇りとして、早く県当局に誘致運動に手を上げるべきと議会で説明をしましたが、答えの答弁は、リージョンプラザや市内に広い体育館やスポーツセンターもあるので現状で良い。 県としての県立武道館構想もまだ見えていないと消極的な答えでした。

  そこでバラバラでは県の教育委員会に陳情しても訴えが弱いと思い、上越市の武道団体を一体にまとめ、上越市武道連盟を結成し署名活動を行い45.000筆を集め、市と県に陳情したり、県知事選挙ではスローガンを書き積極的に訴えました、又、村山市長も私達の行動に賛同し、協力して頂きスポーツ公園の中に県立武道館の工事が始まり、本年12月に完成します。

 

 そして「県立武道館」名称募集ハガキも、私達上越市民の皆様の「謙信公武道館」が圧倒的で検討委員会から知事に提案し、花角知事が最終判断で「県立謙信公武道館」と決まり公表しました。 上越市と謙信公との強い運命の絆が、又太くなったと思います、ご協力を戴いた

武道団体や市民の皆様に心より厚く御礼申し上げます。