えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/05/19 17:16♢ 野党陣営のマンネリ化の不信任案はもうやめて! ♢

 野党と与党.議会制民主主義の自由主義国家では当たり前の型になっています、良く国会では内閣不信任案が野党側から提案されますが、現在では100 %近く、数の力でその内閣不信任案が可決された事はあまり有りません、野党の各政党は否決が分かっていても承知で定番のごとく、何十年も同じ芝居染みた劇場国会を国民の前で繰り返していますが、国民側から見ると、もうそろそろいつまでもワンパターンの、野党芝居に幕を降ろし野党も野党で分裂せず、政治の大道に立って国会をどうするのか、将来と現実をどう有権者の心に訴える政策の中味で、与党との違いを国民の前に示すべき色々の案を出し、日常運動の中で有権者の国民に訴えるべきではないでしょうか。 

 

 政策の具体的な案も無く又人材もハッキリ分からず、只.安倍内閣けしからん、与党自民党のやっている事に何でも反対・・! 特に外交と国防.教育.経済政策は失敗が許されない、経験や外国の政治家等、特に与党の指導者や政府とのパイプが必要ですので、それらの面でも責任を持てるのかまで国会議員ならその実力がなければ口先だけ! 口先の萬年野党国会議員では国家と国民の役に立ちません。

 

 本当に自民党に匹敵する位の力のある野党連立でなく、一党にしぼる立派な日本の野党政党が自民党の為にも必要だと思いますし、日本の国の為にも必要ではないでしょうか! このままでは国民が不安です、野党はこの国の安全保障.憲法. 人口減少問題.教育改革. 経済対策.地方財政.首都圏への大地震の対応を分かりやすく国民の前に政策を示し、安倍さんの変わりは誰なのか決めてから、不信任案を提出すべきではないでしょうか。  では又、