えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/06/01 10:10♢ 大変な危険性と隣合わせの、平和時の我が日本 ♢

 又々、むごたらしいこれ以上悲痛な事件や事故は見たくも聞きたくも無いのに、連日のように通り魔事件がどこのテレビ局でも事故現場からの中継放送で報道されいますが、私の体調も温度差で具合が悪い時に心が重く苦しくなる気持ちで、イライラして落ち着かない時間が過ぎて行きました、こう言う事件が放映されるとテレビを楽しみにしている全国のお年寄りの方は、孫と同じょうな年頃の子供達と思って落ち込まれたと思います。 又、病院に入院している人や施設入所の高齢者の方もその日は一日いやな一日だったと思うと、やはり社会が健全でなければならないと通説に感じるのです。 最近の日本社会の中で感じる事は、人命軽視と精神異常者が増加している事と精神病が複雑多様化の為、患者を治療する医師も施設の病院も追い越せず、精神障害者がどこにいてもおかしくない社会になっている事と、個人的な人権も守られ、保護される時代となって情報が隠されるために、いつでも何所でもこう言う事件が起きても不思議ではない国になりそうです、時代と言ってズルズル子供の時から好き勝手で、なんでも自分の思い通りなると思って、親でも他人でも人の言う事をうるさいと言って聞かずすぐ切れ、すべてが自己中心的に育ち、そのまま成人して大人になっても精神的には大人らしい責任ある行動は出来ず、仕事も儘ならず自然と引きこもり的になり、親もあきらめ家でぶらぶらしている人間が増えています。

 

 恐ろしいのはそう言う精神疾患者は外観的にはまったく分からず、又治療施設にも行かず普通に生活しているので、なおさら不気味な世の中になっています。

 

 もう一度世の中を良くし正常に戻すには何をどうするか? あらゆる角度から考える時が来ています、すぐに専門の教育者の大学の教授や研究者だけの学識経験者の検諸委員会でなく、普通の一般社会の人達だけのストレートな意見の方が良い教育の改革案が生まれるのではないかと思います。この社会状況はいつでも身近な場所で起きてもおかしくない危険な日本になっています。  では又、