えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/06/20 16:55♢ 香港市民の自由を守る情熱、何を感じますか‥!♢

英国が「香港」を中国に返還した時、50年間は「香港」を自由主義、民衆が主人公の民主主義も残して香港を統治する、そして一国二制度.共産党政権と一緒に香港の民主主義に慣れた市民は、言論の自由.表言の自由.思想の自由.政府権力への批判の自由は当然であると思っていたところ、習近平政権になり急激に一党独裁色が強まり共産党一色のやり方を強行、民主化を叫んだ人達は30年前の天安門の集会の鎮圧は警察ではなく、人民解放軍を出動させ、丸腰の市民を戦車や銃砲で殺傷による何千人の命を奪う恐ろしい権力で政府は共産主義指導を頑強に国を統治するやり方が正しいと思い、その後も国民が思っている民主化は進まず、香港も台湾も中国共産党政権は完全にマルクスレーニン思想で国を統治する、それが強い世界制覇をする中華思想の野望を実現する為に経済を成長させ、軍備を近代化させ世界一の軍事大国になろうとしています。

 

 その為に香港の市民のデモも天安門と同じく力によって制圧され、指導する民主化運動家のリーダーたちは中国国内にいればどんどん消されて行く事だと思います、共産党主義の政権を批判すれば命が無くなる北朝鮮やロシヤも似ている所があります、日本は本当に良い国で、どんなに安倍政権をボロクソに批判しても誰も殺されません、言論の自由.思想の自由.結社の自由.宗教や政治政党も自由に作れます。こんなに素晴らしい国ですので有難いと思わなければなりません、この自由と民主主義を守るために勉強やその為の行動が選挙です、無関心で投票すらしないその考えは誉められるものではありません、大人として責任を持つて大事な権利を真っ当して始めて一人前の人間でないでしょうか、同じ考えの同志で私は仲間と琢磨塾で勉強会を開いています。 又、次のブログでアップしたいと思います。  それでは又、