えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/06/23 12:59♢ 世の中の混乱.異常の原因は食と食材にもあり ♢ パート1 2019年6月20日

  狂人が多くなっている21世紀、親が子を殺し子が親を殺す戦後の我が国は、豊かでブヨブヨに肥満体の身体になってはいますがほとんどが、成人病予備軍、そして気が弱くて小さいく忍耐力が無いためにほとんどが根気根性が無く一歩間違うとすぐに切れて錯乱状態になり家の中でも暴れる人間が、最近頻繁に事件を起こしています。 

 

 私は原因について色々考えましたが、昔起きなかった事が最近これだけ日常茶番自事のように異常な人間が増えているのは食べ物ではないかと思うのです、昔と一番違っているのは食材です、昭和20年代の食材は、今思いますとほとんどが無添加で自然食品に近い物ばかりが口の中に入っていました。

 

 当時はスーパーマーケットやコンビニは有りませんので、どこの家でもお袋かおばあちゃんの手作りの愛情のこもつた手作りの惣菜で、調味料の塩も入梅になれば湿気をよんでべた付き精製されていない自然の塩でした、ミネラルがたっぷりで、味噌.醤油は防腐剤が入っていないので「カビがわく事がごく当たり前で自然のままでした、今は生きた麴菌を殺した不自然な添加物入りの調味料が多く、外国のワインや調味料は酸化防腐剤のたっぷり入った食料品が多く、しかもおにぎりや弁当もお米を炊き上げると消毒剤の霧の下を通ります、食中毒予防の添加物です、パンもうどんもそばも材料も遺伝子組み換えの食材も出回り、アレルギー.アトピー.喘息などの病気の原因とも言われています、便利な現代社会.実話人間の身体と精神のためには危険で決して良くないものがあっ降れているのがこの現代社会です、特に三度三度口の中に入れる食事、栄養学をもう一度.子供達の為に大人は学ぶべきです、食事は子供の人間性を左右します、自然食に近かった50年前の献立を今もう一度見直す事が必要かと思います、学校給食のメニューを変えたらいじめが無くなった学校もあるのです、食はそれだけ大切な物なのです。 

                        それでは、