えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/06/30 16:24<政治の一歩は話し合いです、G20大阪開催について。>

 

 永い歴史の中で初めて主要20ヶ国の首脳がこれだけ集まって、現在地球上で起きている様々な問題を解決しようと、G20サミットが大阪で開催されました。思えばあの74年前の8月15日、昭和天皇が終戦を宣言しポツダム宣言の無条件降伏と言う屈辱を味わい、そしてあの尊い命を投げ出してこの国を守って下さった兵士の方々や民間人の死の中での戦後から復興時代、まさか我が国にこれだけの世界のトップの指導者が集まる事が出来たのは、日本が永きに渡り平和を続け安定した長期政権である事が全世界から評価されたからに他なりません。世界のトップが集うサミットの開催国になれた事は日本国民にとっても大変な名誉の回復でもあり誇りでもあります。

 

 昭和は戦争の歴史でした。平成は一見平和の中で過ごして来たように見えますが、戦争の火種が完全に消えたのかと問われればそうではありません。日本の隣国はそれぞれ核兵器を持ち、日本上空を飛び越して太平洋上にミサイルを落下させる実験を繰り返したり、武力拡大と常に戦争準備態勢を強化させ、我が日本国は怯えています。まさに日本は脅威の中にいるのです。

 

 それだけにアジアを始め世界中の国との友好関係が安倍政権としては責任上、この首脳会談は日本の将来の為にも重要な意味ある会議でありました。又、参加各国の皆様には日本の良さを充分に知って頂けた事や日本と言う国の宣伝にもなったと思います。そして来年、平和の祭典であり大きな国際的なイベントである東京オリンピックが開催出来るのも日本に国力があるからであります。政府を信頼し、国民が一致団結して国力を上げる努力をして来た伝統と歴史があったからだと私は思います。

 

 国力は選挙で明暗が分かれます。国も地方も安定を維持出来るのか、又豊かになれるのか、それとも衰退し貧しくなってしまうのか、日本と言う船の舵取りをする政治の指導者を決める非常に大切な選挙です。

 

分かり易く言うと有権者の一票がこの国の未来を左右するのです。民主主義は自由を旗印にしていますが、正しい情報と勉強する賢い国民、市民が本当の意味での民主主義の成立には欠かせません。耳触りの良い事ばかり声高に訴えるポピュリズム(大衆迎合)政党には決して与(くみ)してはなりません。20ケ国の9割の首脳は選挙で選ばれた人達です。それが政治です。