えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2015-09-16 15:19:53.0 今回の茨城、宮城県の豪雨災害は、公共事業削減政策失敗による人災です。

 最近の日本列島は豪雨災害、地震災害、火山噴火災害、地滑り災害とまさに災害列島の様相を呈しています。毎年々々自然相手の戦争を行っているような我が国です。

 

 今回の水害で多数の人命が失われ、産業界の損失は巨額に上りました。まさに国家の大損失に値します。国土省は災害から国民の生命財産を守るためにある省庁です。されど私は、今回の河川氾濫による大被害については、過っての公共事業削減政策によるの管理不備、欠損箇所の放置などの政治の失態が招いた人災であると断じます。

 

 思い出して下さい。民主党政権の時、「コンクリートから人へ」のスローガンを掲げ、自民党の政策を土建屋政治と決めつけ、政治の深い見識も無く、経験も無い未熟な政治家達が政権維持とカネをばら撒く大衆受けする政策を実行し公共事業費を削りました。その結果、国、県の土木関係の予算は年々減り続け、多くの中小零細の土木建設業者が倒産、もしくは廃業に追い込まれました。私はその為に失業、自殺、一家離散の惨状を沢山見て来ています。

 

 しかし考えて見て下さい。公共事業はそんなに悪い政策でしょうか。いいえ違います。公共事業は国土を自然災害(戦争)から国民の生命財産を守る大事な政策なのです。公共事業の遂行は建築資材、建設機械、エネルギー、運輸部門等、事業に関連する仕事は日本のGNPを大きく押し上げ景気浮揚に大きく貢献しているのです。
 そして、まちの土建業者、建設業者は国民の生命財産を守り、回復させる医者と同じ職業なのです。
 
 あの素人集団の3年6か月に及ぶ公共事業予算削減のツケが今回の水害の惨状なのです。国民はこの事実を良く見て欲しいものです。二度とこのような政党、政治家に天下を取らせてはなりません
 
 上越市に於いても、保倉川放水路と儀明川ダム工事の着工で流雪溝の進捗を早めて欲しいと思います。
 
 世のマスコミは“反権力”を錦の御旗に「きれいごと」と「建前論」で与党自民党を攻撃しますが、なぜリアリストの目で野党の不条理、無責任さを質さないのか?アメリカのやることは声高に批判するのに、ロシア、中国、北朝鮮の核やミサイル打ち上げには批判しないのは何故か?
 発言者の言わんとする全体の趣旨ではなく、一部の言葉尻のみを捉えて自分の都合の良いように報道する姿勢は反省しなければならないと思います。
 
 戦後、大きな足跡を残した政治家は、在職時に浴びた批判はものすごいものでした。吉田茂しかり、岸信介、池田勇人、佐藤栄作しかり、しかし至誠一貫、俗論を排して己の信ずる国家論を持って大きな仕事を成し遂げて来ました。その中でも、私は田中角栄先生に日本のリーダーをもっと長くやって欲しかったと今つくづく思っています。
 
 今、審議中の『安全保障法案』も後の歴史が評価するでしょう。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

2015-09-07 21:48:38.0 『安全保障関連法制定の中止を求める意見書』提出に対する反対討論の内容

 『独立国は、領土・領海・領空と主権を有するのが国家として当り前の事だと思います。 普通はいかなる国も法治国家として「憲法」が最高規範です。

 

 その憲法が自分の国を自分たちで守れず、日本人が日本の国の中で何百人も北朝鮮に拉致されたり、韓国の「金大中氏」が東京のホテルから韓国軍によって拉致されたりする行為は法治国家、独立した国家として大変な主権の失態です。

 

 又、経済発展により豊かになった中国は、そのお金で大変な軍事大国となり、一党独裁の共産主義国家での軍は党幹部の思い通りに党勢拡大のため侵略行為を行い、抵抗すれば反抗分子として中国軍によって虐殺されます。 チベット、ウィグル自治区の少数民族の悲劇は恐ろしい残虐で野蛮な国であることが証明されています。

 

 又、中国政府は「沖縄は日本の領土ではない。昔の琉球は中国のものであり中国人が渡って建国したものである。」と言っています。 やがてもしアメリカ軍が国外撤退したら中国軍は必ず数の力で奪い取りに来るでしょう。 

 それは(中国)国内の不満分子の目を反日教育・反日指導で外に向けるために行うこともありえます。 日本の憲法など無視するでしょう。

 

 フィリピンのピナツボ火山の噴火災害で撤退したクラーク米軍基地の主力部隊が、グァムや沖縄基地に移設したらすぐフィリピン諸島の浅い岩礁の海を埋め立て、中国軍の基地化を進めています。

 沖縄の領空に飛来する中国空軍のための航空自衛隊の自衛隊機によるスクランブルは10年前の10倍も増え、毎日が緊張と恐怖の中で自衛隊の皆様は国防に当たっており、相手が威嚇射撃して来ても何も出来ず逃げ帰るだけしか出来ません。

(その事は)相手も知っています。

 

 日本を取り巻く安全保障の環境に合った法律の整備こそ緊急の政治課題です。この安全と平和、日本国の揺るぎない主権を守る抑止の法律を共産主義に同調しているグループが、また日本が戦争する国、出来る国に変える戦争法案であると現実を無視した庶民受けの大衆迎合のポピュイズムをマスコミ、左翼の学者、文化人が名を連ね相変わらずの観念論的平和主義でこの国の弱体化と平和ボケ病を蔓延させ、反日国家の手先になっています。

 

 責任政党の自民党がこの国と我々の子供や孫の時代になっても平和で安全な日本国が繁栄し続ける大事な国家の安全保障関連法案の成立に私は賛成し、この法案の中止を発議した意見書提出に反対を表明します。』

 

と議会壇上で訴えました。

 市民も常に国の安全には憲法改正の時期が来ている事は抑止に繋がることだと思って欲しいものです。 憲法を守って国が滅びるかもしれません。これこそ「平和の毒」に犯された姿です。

2015-09-02 06:03:57.0 『雪下駄塾』入村妙高市長の講演を拝聴して

 去る8月22日、市民学習塾『雪下駄』に入村妙高市長をお迎えし「上越の発展に期待する」と題した講演を頂きました。

 

 かって私は、上越市議会の一般質問に於いて「例えば高田城址公園を幻想的なイルミネーションで演出したり、青田川、儀明川沿いの街路樹を神戸や横浜のように電飾したりして、夜の高田を演出し観光客誘致を盛り上げる気はないのか」と質問しました。しかし案の定、答えは「やる予定は無い」の全くつれないものでした。

 

 それに比べて、お隣の入村妙高市長は、自分たちのまち、集落、地域の活性化に次々と面白いアイディアを政策として取り入れたり、民間企業の努力に行政として支援したり、さらに市長自ら営業マンとして、妙高市の特産品(ゆきエビ等)の見本を持ち、販売ルートの拡大に努めているとのこと。そしてその効果が出て来ているとのこと。そのお話を伺い、私は感銘いたしました。まさに率先垂範の手本と言えるでしょう。

 

 現在、開催中の「アパリゾート上越妙高」における150万個のイルミネーションによる彩色イベントは大好評で、誘客は30万人を超え、地元への経済的波及効果は大きく、上越市の取引業者さえも絶賛している次第です。

 もう一つ大きな事業は2006年に運営会社(ソニー子会社)の破たんにより営業停止していた、旧『新井りゾート』の再開発がロッテグループの資本によって行われることが決まったと云うことを報告されていました。

 この入札にはロッテの他に数社が参加しており、この地が将来性が大であることを覗わせる話でした。

 

 10年前、入村市長は『新井市』の市名を『妙高市』に変えるという勇気ある大きな決断をされました。その当時、旧新井市民の中にはたいへん怒った人が大勢いたそうです。しかし『妙高』は全国に知れ渡った名称。その効果は抜群で特産品『新井かんずり』も『妙高かんずり』にしたら売上が倍になっているそうです。

 天皇陛下主催の園遊会に於いて、入村市長の胸の名札が『妙高市長』とあるの見て、皇族の方々は赤倉に避暑に行った時のこと、スキーしたことを懐かしく話してくれたそうです。「これが新井市長では誰も立ち止まらず。通り過ぎて行くだけだったでしょう」と笑っておっしゃっておられました。

 

それだけ市名、駅名は大切なことなのです。

 

 私が今でも悔しいのは新幹線駅名に上越線と紛らわしい『上越』と冠したことです。案の定悪い方の結果が出ています。入村市長の旧来の友人からも「上越妙高駅は上越線の湯沢近くに新しく出来たのか?」と言ったようなトンチンカンな問い合わせがあったそうです。

 

 私は旧高田地域、直江津地域の活性化が無い限り、合併した他の13区も元気が出ないと思います。その解決策としてはこの際早く、妙高市と合併し、市名も思切って『妙高市』にして、全国に知れ渡る存在感のある都市にしないと100年先でも明るさの見えないようなまちになってしまう感じがしています。

 

 政治とは夢と希望を実現する手段です。そこに批判を恐れていては何も出来ません。県立武道館の誘致成功は夢と希望の具現化の一つです。

 

 それと政治に大切なことは先見性とリーダーシップです。妙高市民が、市長の先見性とリーダーシップを信じ、入村市長を支えているからこそ政策が実現しているのです。

 “市民がしっかりした考えを持っている” ことがまちづくり、国づくりに一番必要なことです。