えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-10-13 06:42:20.0 ♢ 重大な意義のある選挙です! ♢

 

   日本は明治維新で、藩制から現在の都道府県の線引きに変わると言う大きく変動し、今で言えば行政改革を成し遂げた優秀な国民で有ります。  

 

   しかし我が国は誠に仕合わせな国で有ります。  何故ならば、部族の宗教意識の対立闘争がほとんど無く、天皇家を中心として日本古来の神様と大陸からの仏教・儒教を上手に和合し、世界に無い争いの少ない国家を築いて来ました。 

 

 今、世界の中で一番の争い事が多く、悲劇を続けているのが中近東諸国です。特にパレスチナとイスラエルの争いこそ、(ユダヤ人(イスラエル)とアラブ人(エジプト.シリヤ.ヨルダン.レバノン.トルコ)のある中東には)、様々な民族・部族の宗教派閥での争い、そしてアメリカ・英国・ロシアなどの植民地としての歴史やマルクスの共産主義がまざり、一つの国の線引が複雑で、数年経っても今だに話し合いでの平和的解決の糸口もつかめない状態です。

 

 それでも日本は少々の戦国時代もありましたが、中東から見れば胸をなでおろします。 人間と言う生き物は悲しい業なのでしょうか・・?  殺戮と言う解決の方法しか、知恵のない動物なのでしょうか・・?

 

 争わず話し合いや投票で穏便に、法律も憲法も変化に合わせ分裂せず、国民は結束して一番何が正しい選択なのか情報を的確に持ち、人間が失敗を侵してきた事を教訓に、反省しながら歴史に学ぶ考えや、知恵を国民が持たなければなりません。

 

 政治家を批判しますが、投票で選ぶのが国民ですから、今回の選挙も将来に向け、この国とこの町の大事な政治支配権を与える政党、たった一人の首長を決める選挙戦、大きな意義のある選挙です。  では又、

 

2017-10-09 15:43:24.0 <有権者の判断で日本と新潟六区の運命が決まる!>

 

  今、上越市は武器を使わない選挙戦が始まっています。市長選挙は4年に一度10月に行われる事は分っている中、突然衆議院が解散になり国政選挙と重なりました。 

 私達の身近な問題の明白を左右する選挙です。国政は国の安全保障に関する外交問題が焦点です。安倍総理はトランプ氏、プーチン氏、習近平氏などと何回も会談を重ね、人脈と経験を持ち永く責任政党与党である自由民主党を代表して来た人物です。安倍総理は100%とは評価されませんが安定感があるリーダーだと思います。

 

 しかしながら野党(共産党・社民党・旧民進党・自由党)連合は徒党を組んで何が何でも、「安倍政権は戦争の準備をする危険政権」であるから引きずり倒すと言う、国防の安全保障問題や外交を一切考えない、国家の事より自分達の当選だけが主目的の視野の狭い浅はかな評論家的自政治屋です。 

 安倍総理の側近高鳥修一氏を落選させる為にオール野党連合で与党の一議席を奪還しようと必死です。同じ構図に参議院選挙、知事選挙と2度保守陣営が敗退しています。その結果は政府と官僚の逆襲に遭い、新潟県の大きな政策要望に対しては予算が付きません。

 

 政治は力です。もし萬年野党の少数政党の候補が地元の代表になってしまえば財源の少ない地方自治体では住民の要望は何も実現できません。政治が停滞して、又深く暗い経済不況に戻ります。 

 旧民主党政権時代を思い返してみて下さい。国や県は自由民主党政権です。そのパイプ役の市長、国会議員を引きずり落として上越地域が「得」をするのでしょうか?政治の55年体制は崩壊しています。左翼の方々にお尋ねしたい!安倍氏を倒して誰を日本の総理にするのですか? 

 政治家としてこの国を代表する総理候補も国民の前に明確にせず、只混乱を招く無責任な批判しか出来ないのに、口先だけで経験実績も何も無く、人脈も無い代表を選んでしまう考えの無い有権者も残念ながら何万人もいるのです。 

 過去2回の敗北(参議院選、知事選)と同じ事が起きる恐れがあります。皆様も政治家です。それが民主主義です。遅れるも進むも住民のレベルです。良く考えて投票しましょう!五区は田中角栄先生を育てました。六区は誰を育てるのでしょうか?

 

 

 

2017-10-07 18:12:09.0 暴力や銃が野放しのアメリカの考え、おかしいです

 アメリカで、また罪の無い普通の市民が犠牲になりました。一人の人間の銃の乱射で59人が殺され、負傷者が527人も出ると言う痛ましい事件がありました。起こるべくして起きたと言えるのではないでしょうか。

 様々な恐ろしい国は、この地球上にあると思いますが、アメリカと言う国は、世界ではトップクラスの国力と経済面でも豊かな国なのに、治安の面では大変犯罪が多く、道徳観の薄い、お金持ちだけど品格の無い下等国です。国民一人一人が銃を持ち、自分の命は自分で守らなければならないと言う、危険と安全の表裏一体で暮らさなければなりません。そんな哲学を持つ国は、我々日本人では考えられない暴力国家です。国民に銃を持ち歩く自由を与えているのはいいですが、人殺しを抑制できない精神の持ち主にも銃を持つ自由を与えているアメリカは異常です。大統領のトランプ氏も銃の規制はしないと発言していますので、相変わらずアメリカは下等な野蛮国です。200年そこそこの歴史では、人間の正しい尊厳、自分に厳しく、我が儘や自分勝手を許さないと言う、崇高な哲学を持つ国民を育てる教育や環境が醸成されず、アメリカは信用も信頼も出来ないおぞましい国であると思います。

 日本は、戦後アメリカに敗けて、アメリカ人の考えや哲学が導入され、すっかり日本人は変わりました。頭の良い日本人は、アメリカの悪い習慣や考え方に一日も早く気づき、日本が大切にしてきた良い物を生かし、人間同志暴力ではなく、和と話し合いで仲良く付き合う国にするべきです。

 銃を売り、金儲けをしている武器商人の癒着政治家のために、市民が殺されるアメリカと言う国、おかしいと思いませんか?