えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-12-03 17:01:17.0 <本音が封印されて行く社会>

 近頃この国は外敵よりも内部から腐り始めているように思います。先ず目に付くのが子供の教育をきっちり責任を持ってやらない親から始まり、学校でも職場でも地域社会でも責任上、当たり前に厳しく指導するべき立場の教師、上司、先輩、年長者達が、昔なら当たり前だった方法で厳しく接すると、即パワハラだ、人権無視だ、セクハラだ、差別だとマスコミを始め世間がまるで犯罪者扱いのようにしますから何か問題があってそれを見ても見ぬふり、親も子供に厳しく躾出来ない、しないから困った世の中です。

 

 子供を思うがあまり、言うがまま買い与え甘やかして育てた結果その子供が親に対して将来尊敬するかといったら全く逆で、悪い事をしたら厳しく時には鉄拳制裁も厭わず育てられた子供の方が、その時は憎まれましょうが将来親を尊敬するであろう事は自明の理です。昔は曲がった事や悪い事を看過出来ない正義感の強い頑固な人が多く怖い親、厳しい先生や先輩が沢山いましたので社会全体が貧しくても「心」は貧しくは無く背筋が真直ぐな秩序を守る国民性でした。

 

 しかし平成の今日、本音で注意や指導も出来ない有様の中で本当に厳しい荒波の国際社会のい中を乗り越えていけるのでしょうか?又人間同士の絆、親子や兄弟、姉妹、親戚との付き合いもどんどん薄くなり高齢化と少子化、社会孤立や孤独な社会へと時代の流れが進む中、やはり日本が世界に誇って来た素晴らしき日本の伝統文化を今一度継続する習慣を取り戻すべきです。その為には全て昔の考えや厳しい中にも愛情のあった堅物の頑固親父、頑固爺婆がいる社会に戻すべきです。

 

 話がわかり人に嫌われない人は意外と内面は冷たく、愛情の薄い人が多いのです。本音を言いたくても言えない環境の現代社会、一見耳触りのいい民主的な自由平等社会と言っていても、責任逃れの建て前通りの薄情社会より本物の義と人情のあった社会の方が良かったと感じますが如何でしょうか。

 

 「散る落ち葉、ますます昭和が遠くなり」

               よしお                 

  

 

2018-11-30 18:15:18.0 ♢ この30年自らの平成をふり返りませんか…! NO1♢

 平成の30年、あっという間でした、上越市では平成5年に、20年務められた植木公市長が10月に辞任され、3代目の上越市長職を宮越馨氏が選挙で勝ち取られ28年目に今度は、木浦正幸氏が宮越氏を破り平成13年から2期8年、平成21年まで木浦市政が続きました。 

 

 私も平成510月の市長選挙の時に市議補欠選挙があり、その選挙に出馬して1期目をスタートしました、当時の国会議員は衆議院ではこの六区は3人区から2人区となり、激しい保革の戦いが始まりました、又私は当時30代だった若い白川勝彦氏に期待し、将来この六区から中央政界で活躍する国会議員が必要と考え、後援会の幹事長や選対の役員として平成13年まで支え、それでも地盤・看板・お金も無い無名の30代の青年を押し上げ当選、大平内閣では国土政務次官、党の総務局長、森内閣では自治大臣に就任し、これからと言う時筒井しに敗れ、平成の政治史から消えて行きました。

 

 私の平成の30年間は家庭とお店の経営は家内と次男に任せ、24時間眠る以外はほとんど政治と選挙運動でどうすれば上越地区が発展するのか、次の世代に先人たちが残した下さった地域資源、特に歴史と伝統.美しい自然環境を守り続けて行くか、又教育は子供だけでなく市民も国家観と歴史観を勉強する機会が必要であると考え、雪下駄塾・琢磨の会・不識の会を設立したり、謙信公生誕の地らしい武道館の誘致の為の武道連盟の設立.新幹線駅名運動.謙信公の魂が入った太刀、国宝「山鳥毛」の取得運動も同志の仲間と共に、勢一杯平成の世を全力で走り続けて来たと思っていますが、若い時の相撲界で全国を見たり海外をオートバイで放浪し様々の人と接して学んだことが、78年間生きて来た肥やしであり、学歴や教養があっても行動しなければ、時代もつくれないし何もしないで浮いて流されるだけです、平成をふり返り冷静に自分の足元を見るのも必要ですね・・・!                                                           それでは又、

2018-11-28 16:25:44.0 ♢ 高田で見る事が出来た本物の芸術 ♢

 久しぶりに本物の芸術作品を観賞し、その絵の前で魂が高まり感動しました。 本物の芸術は恐ろしい程、作者の思い人柄が伝わるもので感無量の個展でした。

会場は本町5丁目の久保田祥子さんが経営しているギャラリー祥さんの開展10年記念としての、木下晋さんの個展でした、絵の具や筆を使わず鉛筆だけで描き上げた人物、顔と手が写真以上にリアルにその人物の人柄が作者の心を通して鋭い迫力で、見ている私の心にそのモデルの人の喜怒哀楽が伝わって来ました。 それは作者の表現能力の高さ.スケッチ力.技術力の高度な技量が生み出ている、質の高い芸術作品だと思います。

 

 白と黒の世界だけなのに、色もにおいもあり、そのモデルの声や空気まで鉛筆で表現して有りましたから、なおさら絵を描くと言う絵の本質を描ける世界を追い求めた木下晋さんは、今は世界の画商や有名美術館が購入展示している作家で、日本でも一流の美術館で個展を開いている作品が良く高田の画廊で個展が開催できた事は、久保田様祥子さんが何年がかりで木下さんと誠心誠意ど口承された結果だと思いますが、本物を市民に見て頂き芸術とはこう言う気構で造り上げて行くものだと多くの市民に訴えが伝わった作品展だったと思います。 ギャラリーの経営など大変だと思いますが、歴史と文化のまちらしく、頑張って又良い作品を見せて下さい。