えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-03-15 22:58:39.0 大臣ともあろう人が嘘を言ってはなりませぬ

 春らしい光が差し込み、重苦しかった雪空から解放され、心が軽やかになったと喜んでいたら、またまた、悲しく暗い気持ちになる様なニュースがありました。全国のお茶の間で見ている国民の前で、虚偽の答弁をし、うろたえ、謝罪している、情けない、事もあろうに自衛官トップの防衛大臣の姿です。権威ある国会の場で、すぐ証明されるのに、嘘を言って、その場を取り繕おうとする人間が、国民の代表、いや日本国の防衛を司る最高責任者として、その政治責任を重く考えなければならないと思います。

 私は、保守政治の信奉者の一人として、今回の森友学園の一連の問題に係わった保守政治家は、一日も早く大臣辞任どころか、議員辞職をし、多くの先輩党員や現党員、また党そのものの信頼に傷を付けた事に、自ら責任を取るべきだと思います。弁護士と言う、高い教養と法律を知りながら、道徳を範で示さなければならない国会議員が、虚偽答弁をするお粗末な人間では、政治を行う資格はありません。自分を選んで下さった多くの支持者に申し訳も立たないですし、安倍内閣全体に取り返しの付かないマイナスのイメージを与えました。前東京都知事で元自民党の環境大臣、石原慎太郎氏もそうですが、本年には衆議院の解散があると言う、この年に、一国を代表する政治家の質、人間性が、昔から見れば、欠落しています。

 今は、政治の大切な時期です。北朝鮮の弾道ミサイルが能登半島沖200㎞の所まで打ち込まれているのに、日本の安全保障を審議する大事な国会で、議論もせず、森友学園問題ばかりのあの国会審議の中身では、益々国民の政治不信は高まり、若い世代の政治や選挙に関心の薄い世の中となり、民主主義そのものまで瓦解します。そして人口減少や国家の経済、安全保障、福祉、教育、人間のモラルまで輝きを失い、3等国以下に停滞し、やがて国内が混乱するのです。

 歴史は繰り返すと申します。政治の乱れにより、応仁の乱から戦国時代へと続きました。歴史学者も警告しています。国民も常に勉強し、どの人や、どの政党が間違いなく、リーダーとして相応しいのか情報を持ち、本当に優秀な人材を育てましょう。真面目で、正直な、国民の期待を裏切らない人柄の人物を選びましょう。

2017-03-13 08:35:54.0 <一般質問―地方議員の評価が分かるステージです。>

”3月上越市議会の一般質問が来る3月16日午前10時から上越市役所木田本庁舎6階の本会議場で開催致します。”


 今から24年前、平成5年第12議会を私は忘れる事ができません。
 宮越馨氏が初めて市長選で当選され、私も補欠選挙で市議会議員に初当選し初めての議会で私は早速く法務局の移転問題で宮越市長(当時)に食い下がり一歩も引き下がらず市長の対応を批判し、現在の西城町1丁目のスポーツ公園及び高田公園の入口でもあり付属小中学校の入口に法務局という役所の建造物は相応しく無い!と大論争を戦わせ結果的に元の場所に建てる事になりました。 ...
この件に関しては途中から宮越氏も私に同調して下さるようになり一生懸命中央で頑張って下さいました。
この事は評価するものであります。


 さて3月16日は3番目で77回目の質問を市長である村山さんに市長の政治姿勢を伺います。
一般質問は議員としての一番の政策を訴える機会であり同時に選ばれた立場で自分が選挙の時の公約・政策を実現する為に市長並びに市幹部に直接訴えるチャンスの時です。
 今まで私は高田駅のエレベーター設置、美しくなった儀明川の安全防御柵の取り替え、旧小妻屋・今井染物店の町屋の保全、儀明川沿いの早朝ピータ での除雪、仲町6丁目・大町・東本町への流雪溝の新設、高田市街地の消雪パイプの入れ替え、夜の繁華街仲町3・4丁目の側溝の新設、県立武道館誘致等全て私が本会議で直接政策を訴え、議事録にも内容が永久に残っております。
議員の職務としてこの一般質問こそ議員の最大の為すべき仕事だと思っております。
 議員や議員を志す方の中には色々な役職や肩書が欲しくて議員になりたがる人もいますが、それは残念ながら市民から見て評価の低い政治活動になってしまうと思います。
やはり自分が仕事として形に現し少しでも市民の皆様が、良くなった新しくなった、という結果を残して政治活動を締め括り引退したいと思っています。
それが今まで私を当選させて下さった有権者の皆様への恩返しだと思ってます。 


 さて今回の一般質問も色々政策を提言する質問をいたします。
是非傍聴にお越しになって下さい。
3月16日午後1時上越市役所木田本庁6階です。
市政に関心の薄い町は市民性で発展も活性化もしません。
政治が悪いと他人事のように決め付けるのでは無く、一人ひとりの市民が責任と自覚を持ち合い、提言された政策が良いと判断していただけたらその考えの元に結束して自らも声を上げる事が最も重要であると考えます。
皆さんとともに我が故郷上越を良い町にしていこうではありませんか。

2017-03-11 15:11:44.0 『弱い人へのいじめ虐待を少しでも減らす社会に!』

 東北大震災の津波により原子力発電が崩壊し、放射性物質による汚染で避難を余儀なくされた福島県のご家族は、生まれ故郷を失い今でも馴れない生活環境の中、苦痛と不安を抱えながら暮らしております。そのようにすべてが不安定な状況下にある子供たちが避難先の学校で差別や偏見などで、今もなおいじめられている現状が新聞やテレビで報道されております。

 このブログをご覧になっておられる読者の皆様も私と同じだと思いますが、このような報道を見聞きするだびに、非常に腹が立つやら、やるせないやら、誰にともなく大声を張り上げたくもなりますが暫くは何かを考る事すら出来ないほど、深い悲しみに落ち込んでしまいます。

 

 学校という所は今、社会現象が端的に一番表れる所となっています。したがってそういう面で教師の方々の苦悩と日々の職務において気を休める事が出来ない重圧は、大変なものがあります。

 私は文教経済常任委員として市議会の中で15年以上、様々な審査を行い報告を聴いておりりますがその度に、人間は如何に教育が大切であるかをまざまざと実感致します。どうして目の前にいる深い悲しみを抱えながら、心細く辛い想いを必死に耐えながら生きる人間をいじめるのでしょうか?

 人間の姿でありながら人間ではない人間とは、人の弱みに付け込み、弱者をいじめ、虐待し、差別しそのすべてを蹂躙しても何も感じず、むしろ喜び楽しんでいるような輩。権力を貪る者、訳も分からず暴言を吐き、誹謗中傷だらけの文章で相手の立場や人格まで傷付けて得意そうな顔をしている輩。あなたの周りを見回してください。そんな輩はいませんか?

 

 元来、私たち日本人は、決してそのような事をする民族ではありませんでした。したがって現代の日本人は心の内面においては、ドンドンと退化し貧しくなってきていると言わざるを得ません。

 この事の根本原因は、まさしく戦後の教育にあるのです。

 イギリスの世界的歴史学者であるアーノルド・J・トインビー氏は「12~13歳までに民族の神話を学ばなかった民族は例外なく滅んでいる」と言い、またドイツの歴史学者のランケ氏は「その民族を滅ぼすには、先ずその歴史を抹殺し、次に別の歴史を作ってこれを信奉させることだ」と言っています。

 このことから、私たち大人がまずは率先してもう一度真実の歴史を、神話を学び直し、子供たちに伝えて行かなければならないのではないでしょうか?

 

 避難して来た人をいじめるような人間は、大人になってからもそれを繰り返すことでしょう。子供は純粋ですから、何色にも染まります。社会全体が悪色(悪い環境)では、子供たちの心にも悪が浸透し、それが当たり前になってしまいます。

 幸せの基盤は家庭であり家族です。これが基本なのです。親子も夫婦も兄弟もお隣同士が仲良く助け合い、思いやりのある言葉や態度でそのコミュニティの中で共に生きていくことの大切さを感じながら、それが全国に広がれば学校の中から陰湿ないじめや不登校、虐待なども無くなると思います。

 今起こっているすべての負なる社会現象は人間の内部、心から出ているのです。