えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-09-13 16:26:20.0 <日本の将来を考える時が来ています。>

 

 自国の国益と政権、体制を守る事は言わずもがなですが、世の中を治めるトップの必須条件です。遠い昔に「天下布武」と織田信長が天下に宣言したように武力の抑止を見せ付ける事が外交交渉の時にも有利に立つのも、強気の根拠はひとえに軍事力です。今回、東西冷戦後初めてプーチンと習近平のロシアと中国の同じ共産党指導体制の国同士が極東で30万人もの兵士が共同で威圧感溢れる軍事演習を強行しロシアと中国軍は一枚岩である、と見せ付けました。アメリカのトランプ大統領と同盟国の日本に対する露骨な脅迫そのものです。

 

 そんな中安倍総理はロシアのウラジオストクに東方経済フォーラムに出席する為出掛けました。ロシアの過去からの指導者達といえば、したたかで平気で条約を破る事や近隣弱小国を武力で統合する殺人鬼のような恐ろしい連中ばかりです。そして73年間も北方四島の返還交渉を人質にして極東地区への経済協力、ODAの資金援助を日本から引き出して来ました。

 

 日本政府は長年ソ連時代からロシアに変わってからも「領土問題を解決しましょう」と言ってきたにも拘らず、又、お金や経済協力で天然ガスもなども買ってあげているのに一向に誠意を見せず、北方四島を軍事基地化して日本本土に「核」搭載可能な攻撃型ミサイルまで配置している軍事力による脅しの国です。そんな国ですから国交回復、平和条約締結を突然言い出しましたが全く信用なりません。あの国は我が国に対して大東亜戦争末期に不可侵条約を突然一方的に破り、火事場泥棒さながらに力ずくで北方四島を奪い取ったわけですから、この四島の返還は至極全うな道理のはずです。しかし信義も何も無いコミンテルン会議の通り、共産主義拡大は手段を選ばずに中国とロシアは武力を含めたあらゆる手段でやり遂げようとしています。

 

 自由主義のアメリカやヨーロッパ諸国は中東、アフリカの宗教問題の国内混乱や今貿易戦争でアメリカの力が弱まり世界情勢は混沌としています。そんな状況の中で日本の国民が自国の政治、経済、社会全体にどれだけ関心を常に持ち、選挙による議会制民主主義の大切さと、今後の日本の国防にも関係の深い憲法改正問題に注目の時が来ています。どの政党によるかで国運が大きく左右致します。

 

2018-09-11 07:49:29.0 ♢ 上越市の市議会一般質問を傍聴に来て下さい。♢

 9月議会の一般質問が始まります、私は919日の(水)午後1時より、木田市役所6階の本会議場で市長に質問を致します、この本会議場の場で、このまちの市民が選んだ最高の権力を持つ市長と、やはり市民が選んだ議員だけが出来る議場で、自分の意見や行政の批判.苦言.提案が出来る機会が2ヶ月に一度開会してい場が市議会です、この上越市のすべてが決定する議決でこの市が動くのですから、このまちに住む市民は自分が投票した議員が、どう言う考えやどう言う事を言っているのかを聴きに来てください。

 

 議会が開かれています市民の為の議会です、すべて税金を使い行っていますので、納税者の市民がもっと関心を持って市政を見守って下さい。 市民の関心が見えなければ議会も行所側も緊張感がなくなります、是非、良いまちをつくるなら市民が一緒になって市政に関心を持つことがとても大切だと思います。 私は6点の通告をして質問の中味を正確に細部の所まで市長が答える為に、担当の部署の聞き取りを行います。 主に今回は観光課題・交流人口の拡大と、まちのにぎわいについて自論もまじえ政策提案も入れた質問を致します、カッコウ鳥が鳴いている商店街.ネオンが消え、閉店が増え続けている夜の繁華街、にぎわっているのは病院だけです、この現状を行政はどう対応するのか考えを伺います、質問の持ち時間は30分答えも30.時間で終わります。

 

 傍聴に来てください、議会制民主主義の現場を見に来て下さい。       それではよろしく願います

 

2018-09-09 07:12:12.0 ♢ 異常な自然界の姿で感じる事 ♢

 大型台風21号が過ぎたと思ったら、すぐに北海道全域を襲った震度7の地震で水道・電気等のすべてのライフライン閉ざされ病院では人工透析が出来ず、又災害被害者の診察も出来ない状況が報道されたり、関西空港では高潮被害で飛行機が発着出来ず物流がストップして日本経済に影響が出ると思います。北海道の停電や一部の交通機関で、何とか昨日までに徐々に復旧して来ましたが現代社会の中で電気や水道があって当たり前と思っている私達は、いかに災害にもろく重大な事と改めて認識する必要があります、又.高層マンションでの暮らしの人達(特にお年寄り)はエレベータが止まり、火も水も止まれば想像も出来ない過酷な生活をされている事だと思います。

この大きな自然災害はいくら人間が優秀な頭脳や科学技術を開発し、持っていても自然の前では太刀打ちも出来ません。 

 

 人間は時々自然を征服したなどと思いあがる言葉を使う人もいますが、それは大きな誤りであります、私達日本人は遠い先祖より自然は神だと思って手を合わせ、自然の怒りにふれないように自然の恵みと共同し、感謝する生活を送って来ましたから今日があると思います。 あまり人間が勝手すぎますと自然界が怒り、人間に苦痛の戒めを与えているのではないかと思えます、便利さや経済でお金を集める事に集中し,空気や水や大地.海まで好き勝手に汚染している今日、自然災害は人間に自然が復讐しているのではないかとそんな予感がしています。  

                                                       それでは又、