えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-04-16 14:54:51.0 <国民に誇りと感動をありがとう!>

  笑顔と美しい涙を見せてもらい、又我々に沢山の感動を与えてくれた浅田真央さんが引退しました。その引退の記者会見の姿の映像は何一つの宝飾品も身に着けず華麗な色彩の衣装も身に着けず、白と黒の衣服を着た姿で本当にそこには浅田真央さんが切磋琢磨してきた修業の仏像が現れたような清らかで清々しい感じをテレビで拝見しました。 

 26歳まで10代からスケートを始められたのですが、普通の人の人生より何倍も何倍も辛い日があり、緊張の重圧、思い通りにいかない自分への怒り、悔しさは外部の我々には計り知れない苦闘の連続だったと思います。又一番真央さんの心の支えであったお母さんの病死は真央さんには精神的な落胆のショックが強く表れていました。そんな中での世界大会やオリンピックは国の威信が掛かっている中、まだあどけない年齢の真央ちゃんは想像以上にその大きなプレッシャーに良くぞ耐え抜き続けたと思います。そして我々の期待を裏切らず世界最高得点で競技場のメインポールに日の丸を揚げてくれました。 

 暗い話ばかりの世の中に感動と夢を与えてくれた真央ちゃん、全国の人達は貴方を讃え、そして「ご苦労様、引退後は傷付き痛めた体を充分手当てして、そして早く結婚して温かい家庭を築きお子様に恵まれて幸福な第2の人生を歩んで下さい。」と願っているに違いません。

 

 平凡こそが一番の幸福な環境です。26歳まで普通の人では味わえない過激な時間の中で生きて来たのですからしばらくはゆっくりと自分のことを大切にしてください。

 

2017-04-14 18:06:03.0 ♢医者不足・嫁不足・リーダー不足、これで良いのか!♢

さて今日は、市民生活の中で話題になっている事を述べたいと思います・・!

 

私達が生きて行く為には、色々な問題や不安は尽きないものですが私達が安心して暮らせる福祉や福利厚生と社会の成り立ちが気がかりです!

唯一の体の健康が今、脅かされているのが現状で有ります。

都会に於いてはよくニュースにもなりますが、病人のたらい回しや緊急時の対応等、それは何と言っても医師不足の問題が私達市民生活の中に大きな不安や苦しみと成り存在します。それは私たちが考えたり、行動で解決できる事ではありません。 

なぜならば医療資格に係わるものを司っている医師会・医科大学、それを纏めているのが国・県・市の健康福祉部門の所管と管轄、そして国では文部科学省も関係してきますので公・民の医学界それぞれの学閥は複雑で一般社会とまるで想像できない世界のようです。

 

この大きな力を持つ権力集団、国・県・市の行政府と医学校・医師団・病院経営者、この4つの力のあるリーダー等その者が、今、国民の事を考えて構造改革を行わなければならないのに、お互いの従持、権威、面通、利憲、歴史的な古い習慣のドロドロとした縄張り意識が、日本全体の医師不足や医療・医学の発展を阻害していると思います。

日本は幕末から近代化し、様々な面で改革・改善してきましたが、世の中の時代の変化に対応できず国民に大きな失望を与えている業界の福祉健康、医学に関わっている方々に、一日も早く考え方を広く深く取り入れて頂き、医師不足の改善・看護師不足・診療所や病院の不足の不安を解消に取り組んで頂きたいと思います。

医師不足は有能な医師の健康、過労に繋がり悲劇も起きています。

国民生活の安心安全のカギは政治が握っているのです。

政治を大切にしない国民性がその国や地方企業から家庭、地域、個人の命まで蝕んいるのです。

嫁不足・リーダー不足・お客不足は政治の責任が大きいのです、常に関心と監視・情報と勉強集団を作りましょう。そして行動です・・・!

2017-04-12 22:12:48.0 難しい対応が山積みの安倍政権、我々は何を考えるか

 日韓関係が又大きく影響する韓国大統領選挙が動き出している。反日で左派色が強く、日韓合意に強く反対し続けている文在寅(ムン・ジェイン)氏が「共に民主党」をバックに着実に支持率のトップである。

 日本政府は、戦後77年間、韓国政府に対して様々な金銭的な賠償や赦罪声明を行っており、また金大中氏拉致事件の問題でも外交上、屈辱的な事をされても、耐えるに耐えて、韓国とは近隣国同志の友好を維持する方針を続けて来ました。

 しかし、韓国政府も国民も反日、反日。学校での教育も、幼少期から歴史教育を通して日本に対して、敵意丸出しの教科書で指導しています。政治家は世論第一主義、反日政策を訴えなければ政権の維持は出来ない為、誰が大統領になっても、日本敵視、憎しの考えだと思います。日本海の我が国の領土を韓国の大統領や国会議員が上陸したり、慰安婦問題では、特に慰安婦像撤去に対して外交交渉がこじれ、韓国では再び激しい反日行動が起き、政府自身誰も手の付けられない状態で、大使も帰任する最悪な日韓関係です。

 我々日本人は淡白な国民性で、どちらかと言うと、いつまでもぐちぐち言わず水に流して忘れる方が良いと言う性格ですが、韓国人はそんなさらっとした性格でなく、恨み、憎しみの敵は、何十年何百年経っても、その怨念を引きずり忘れない国民性であると言う事を認識しなければならないのです。

 そんな状況の中、北朝鮮のあの手の付けられない傍若無人な核ミサイル開発問題など、安倍政権には難問が山積みしている時なのに、日本の国会は、いつまでも一私学の学校法人森友学園騒動ばかりを論じていて良いのでしょうか。

 国家の安全をどうするか、アメリカ、中国、ロシアとの関係をどうするか、国会議員は外交政策など高い見地から論議をして、国民に説明して、我々もその情報を持って、社会情勢を判断するものだと思いますが、如何でしょうか。平和への関心維持への対応は、我々の義務でもあります。