えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-04-11 16:46:19.0 <このピンチを救う人物は必ず出る!〉

 

 全ての世界に「順風満帆」などはありません。一寸先は闇、一歩外に出れば7人の敵がいてその敵は実は本人や身内、身近な内部にいます。一瞬の油断や気の弛み、この気の弛みこそが明暗や勝敗、幸・不幸、豊かさと貧困を分けます。個人や町内会も企業も市町村、県も国も同じです。今まで日本の国は終戦を始め色々な困難もありましたが致命的な内乱や外敵の攻撃も無く又軍事力の衝突も無く順風に進んできた国であったと思いますし世界に誇れる優秀民族であると思います。

 

 何故資源の無い4つの島の中で地震・台風・豪雪等の自然災害が頻発する国でありながらここまで豊かで平和な国家を維持出来てきたのか、国民はしっかり時間をかけて考える時も必要ではないでしょうか。高齢化が進むおじいちゃん、おばあちゃんは老後の不安を抱えながらその準備と病院廻りで忙しい毎日ですし、一方子供達は子供達で学校と塾、クラブ活動とテレビゲームに忙しくじっくり本を読んだり人の話を聞いたり自分の心との対話も無く目が回る日々を生きています。

 

 さて現在の今日、順風の時こそ気を引き締めるべきです。今安倍政権は最大のピンチにあると思います。外を見れば敵ばかりです。油断も隙もありません。国内では新たに官僚組織の問題が噴出し、地方でも地域住民と役所との信頼関係はどうでしょうか。隠蔽、改ざん、忖度(そんたく)、虚偽等度び重なり不祥事の言葉が連日に渡り新聞、テレビ、週刊誌、月刊誌に満載され自由民主党とそのトップの安倍総理は奥様共々集中攻撃に晒されています。これは大変憂慮すべき事であり国として一つも「得」ではありません。反日派のグループを喜ばせているだけなのです。

 

 この非常事に身体を張って治めてくれる人物がいるのでしょうか?こういう非常時は東大出のエリートでは務まりません。自分の地位や名誉や金も欲しがらず、命もいらず名もいらぬ「志士」が必ずおります。侍の根底にある「武士道」で一番大切で基本は「勇」と「義」ですが意外と美しく広い心の持ち主は近くにいます。自民党員は日本の伝統を身に付けて勉強している若い人や経験豊かな人と一体になって「志士」を探し当て共に行動しこの国体を守り日本を守って欲しいと思います。

 

  「志士」は必ずいます!

 

2018-04-09 16:49:07.0 ♢ 歴史と伝統は、生かさなければ価値が無い! ♢

 千葉県香取市佐原地区は日本三代囃子(京都の祇園・江戸神田・北総の佐原囃子)で有名なお祭りがユネスコ無形文化遺産に登録されている。人口.8万人程度のまちで城下町でもなく昔から商業で栄えた所です。街並みは江戸時代のそのままで今でも現存していて、300年前のタイムマシンの様な気持ちになる小江戸の雰囲気のまちです。 

 

 高田の儀明川と同じように町の真ん中に川があり酒・醤油・米・塩・生糸など重く大きな物を運搬するため昔から水路を利用していた、川沿いにそれらの商宅が残り、国の伝統的建造物保存地区に指定されている、落ち着いた歴史観と川と柳の美しい情緒をまちの宝として守り続け、その価値観が日本全国、又最近は海外からも大勢の観光客が訪れる街として知る人ぞ知る所を、会派みらいの仲間、宮川大樹市議と二人で視察をして来ました。

 

 高田地区中心部は400年の歴史ある城下町ですが、イベントの時だけはにぎわいますが、普段は人影も少なく寂しく活気がありません。 通年の観光客が来る町と違いその経済効果は歴然と表れ、いかに都市間競争に勝っている街との差があるのが分かります、この佐原は江戸時代から政治を仕切るのは武士ではなく、平民が仕切る制度のところで住民自治の習慣が根強く、市民が行政を頼らずお祭りやイベント・まち作り、観光案内などもほとんど住民の代表達で運営していました、そして今回も市民が観光ボランティアの案内で説明を受けました。

 

 待ち合わせの観光案内所は満員で、ガイドは自分の住む佐原が好きで親切丁寧な説明と、皆様の笑顔が自分の住む佐原を自慢したくてたまらないと言う気持ちを強く感じました。

お祭りも昔から住民が楽しむために始めた伝統から、今でも各町内からの寄付金が(1町内会300万~500万)で運営し、市から助成金は5万円のみと言う考えられない住民の意思の高さを感じて来ました。 日本地図の父と言われている伊能忠敬はこの町の町長のような要職を行い、今でも伊能様.忠敬様と人望を親しまれ、その功績や人柄がこのまちに残っていました。

 

 高田より歴史が浅くても、歴史と伝統を現代の市民が生かして守っていた、佐原の住民の考え方、やり方、大変勉強となりました。        それでは、

2018-04-04 17:08:58.0 〈不安、不確実な時代がやって来ます!その前に〉

 

 国が亡びる原因は内部からだと昔から言われて来ましたし、その事は歴史が証明しています。幸いにも日本は2677年間平和で豊かな日々を送ってきています。しかし安閑としてはいられません。人口減少問題と高齢化のために国力が確実に低下しています。労働者不足で将来的に産業界全体に明るい見通しが見えてきません。もうひとつは中国、ロシア、北朝鮮の問題でこの三国はいつか日本を共産党支配の体制にし彼らの社会主義の同盟国かそれともチベットや東欧諸国のウクライナのようなロシアの支配下の属国にしようと考えています。だからこの三国は軍国主義そのもので強い軍事力、武力で自国を治め政権も一党独裁で着実に軍事力を強化しています。だから平和条約や友好条約も北方領土も拉致被害者を返すという考えも無ければ話し合いをしようともしません。戦後73年が経っても今でも戦争状態です。もっとも条約を結んでも何時でも武力で侵略する信用ゼロの狐や狸のような国です。(なお狐や狸に恨みはありませんのであしからず) 

 こんな周辺近隣諸国との外交上の付き合いの出来る日本の政治家は誰でしょうか?今の野党の政治家は日本の政治家というより赤い左の国に対して「喜ばせ組の人事グループ」のようなのかとにかく自由民主党の路線に全て反対、反日、左翼の方々でこの国をどうしようとしているのか全く見えてこず国民は迷うばかりです。 

 政治の混乱は国の混乱です。国全体が今、人口減少、長時間労働、未婚者の増大、耕作放棄地の拡大、空き家・空き店舗の増大、色々な職種の後継者不足、医師不足、高齢化と孤独死の増大、将来的な医療・福祉の財源不足とこれだけの社会不安がある中なのに国内の政治が混乱して停滞していては国自体が内部崩壊してしまいます。日本国内を混乱させているのは日本人でありながら外国の手先になっている思想家やマスコミがいるためです。彼らには日本を守ろうとする気概などさらさらありません。少数であっても着実に上越地区でも政治の体質の変化が憂慮すべき状況へと忍び寄っています。決して不安定、不確実は良い事ではありません。

 

 ご一緒に考える仲間を増やしませんか。