えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019-03-04 21:34:42.0 決められた選挙法、やり得を許して良いのか

 自由主義国家の政治は政党政治であり、色々な政党色を有権者に選択させ、民主主義の大前提である選挙で選ばれた代議士の数で与党と野党に分かれます。それぞれの党の考え、思想の違いを訴え、有権者の支持を取り付ける為、日常の政治運動を行っています。それぞれの党がビラを配り、スピーカーを付けた街宣車が走り回っていますのはご承知の通りです。

 公職選挙法と言う議会制民主主義を守る、極めて重要な法律があります。行っても良い行為、行ってはいけない行為が決められている法律です。例えば、個人の写真や名前を自動車の上に看板として付けたり、スピーカーで候補者の名前を連呼する行為は、この法律で禁止されています。

 しかし法律を守るべき、政治を行う政党や政治を司る人が平気で禁じられている法律を無視して、「やり得」と言う非常識を行っている政党や候補予定者がいます。選挙管理委員会はありますが、警告や注意をするぐらいしか権限がありません。警察も現行犯逮捕する権限は、裁判官の許可が無いとやりません。

 こう言う曖昧な法律ですが、公職選挙法を真面目に守っている政党や候補者と、一見正しい事を並べ立てて立派な事を言っている様で「やり得」として大切な法律を平気で犯している政党やその人物を、良識のある有権者はきっちり正しく判断しましょう。

 決められた法律を守れない、また守ろうとしない人達に政治権力を与えると、過去の歴史を見れば分かる通り、必ず悲劇が起こります。政治や行政こそ、最高の良識で行う聖職の府であるべき所です。

 市民の皆様、よく各陣営や候補者の選挙運動を見て判断しましょう。選挙が告示された後、投票日までは名前を書いた街宣車や名前の連呼は出来ますが、選挙前の事前行為は出来ません。違法行為なのです。

2019-03-02 16:01:44.0 <西側も東側も人材不足、偉大なリーダーが出て欲しい>

 

 北朝鮮は食糧不足が深刻な状況でもあり、国の経済もあの核ミサイル実験以来日本や中国からも経済制裁を受け益々普通の国民生活は疲弊のどん底だと思います。しかし社会主義体制は恐ろしい程の恐怖・密告政治の為に市民は限界に近い我慢の中で毎日を過ごしていると思われます。

 

 言論の自由も結社の自由も批判の自由も無く、これらを行えば肉親でもたちどころに処刑され、身内で一人でも脱北したり現体制を批判するだけで親も兄弟も子供や孫に至るまで見せ付けのため殺すのです。そのために今の金正恩政権、体制を完全に消滅させない限りアメリカでも合意などしないと思います。ですから北朝鮮内部から崩壊する状況になるまで我が国ももっと厳しくあらゆる制裁をやらない限り拉致問題は現政権では解決しないと思います。

 

 日本の世論や政府の中で今後北朝鮮とあの反日大統領の韓国相手に忽然と対決出来る日本の政治家は誰なのか?明治維新のあの大久保井や西郷、木戸、伊藤クラスの政治家がいない我が国の政治状況は非常に不安です。

 

 その原因は政治家を育てない日本のマスコミや政治評論家であり、ペンの暴力という権力で政治家の良い所は全くと言っていいほど公表せず、常にくだらないゴシップを大衆受けするためだけに面白ろおかしく暴露記事にして政治を風刺して国民の為に真面目に仕事を真剣に行っている政治家を引きずり下りして、何ら反省する事無しに自分の存在に慢心して薄笑いしています。

 

 これでは本物の政治家は育ちません。自由主義すぎると人物が育たなくなるのか、世界が今日必要なのは偉大な聖人に近い政治家です!そう思いませんか?

 

 

 

 

 

2019-02-28 20:23:11.0 将来の日本どうなるの、考え勉強しませんか

 歴史の本の中で名門の大名と謳われた名家でも一代や二代で没した家もあります。しかし、この21世紀まで存続している家柄も多々あります。例えば、薩摩の島津家や会津の松平家、加賀の前田家、仙台の伊達家、近江の井伊家、長州の毛利家、米沢の上杉家、越後高田の榊原家など、今日まで子孫の方々が名家を守っておられます。

 その方々の家、藩に共通している事があります。それは、その家、藩を治めるトップの殿様と家老など上層部の家臣が非常に良く勉強し、頭の良い教養のある人達であった事です。古くは奈良時代、平安、鎌倉時代の頃よりの中国の兵法書や人間学の経典、組織学、経済学、医学書を取り寄せ、先進地の知識を学び、財政の厳しい中、各藩が競って藩校や寺子屋を建て、学問を奨励していた事が基礎となったお陰で、幕末に日本を植民地にしようとやって来た欧米列強国が、当時の東南アジアの中でひときわ高いレベルの政治家(侍)の教養と精神の高さに恐れおののき、植民地化を諦めたのではないかと私は思います。

 徳川家が260年間に渡り、平和の中でこの国を治める事が出来たのは、徳川家康公の政策、特に武士の文武両道の道徳教育です。皇家を敬い、国を愛し、両親やご先祖、血の繋がりを大切にする事や、人間の絆、情や礼儀、責任の所在、恥を嫌う美学など、今以上に人の上に立つリーダーの心の持ち方は立派でした。

 今日、国民に模範を示すべき人達や組織、国民に影響を与えるマスコミやインテリ層は、あの恐ろしいユダヤ人のマルクス思想を理想とし、外国の赤い国の思想を理想と考え、非自民、反日を掲げています。学校の教師が労働組合を組織し、反自民を訴えている戦後教育の現場は、いじめ、不登校、子供の自殺、犯罪などが増え、また馬鹿な親が自分の子供を殺す事件まで起こっています。この事の原因を放置している政府と、すぐに批判ばかりする国民にも責任はあると思いますが、如何考えますか。赤い日本のリーダーを育てている東大を解体し、東洋思想を中心の教育を行うべきではないでしょうか。