えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-09-09 16:03:43.0 <自国の繁栄と利益だけ、これが国際社会の現実!>

 

  安倍首相とプーチン露大統領との会談も何回か行われていますが、なかなかソ連時代から続く両国間の厚く高い鉄のカーテンは戦後72年が経っても国の体制の違いや、隣国でありながら本当に信頼、友好の絆をお互いに結び合っているのか、又出来るのかと言う事になると、今回も北朝鮮の核開発、ミサイル発射等の一連の暴挙に対しての制裁のやり方に対しても日本が主張する厳しい対応では無くロシアの国益のみの措置で、日本の考えている石油の供給を止めて欲しいとお願いしても受け入れず、対話で解決すると言うロシア(プーチン)の当初からの考え通りの結論でした。

 

 こう言う結果を見ると如何に外国との付き合い方には日本人が考えているような気風や習慣、人柄、哲学の違いが表れ、理解度の違いで簡単なものでは無く、人の良い日本人社会と国際社会との付き合い方は、島国で単一民族だけで2675年間「和」を貴しと言う考えや武士道の「惻隠の情」、思い遣りある哲学等が備わった日本人と、考えが違う人間との交渉を日本の政治家や政府は見直しをしっかり行なわないと、あのしたたかで腹黒い自国の利益追求を最優先し武力で脅し取るやり方の大国相手ですから、日本政府は慎重にしたたかに経済政策の交渉等やった方いいのではないかと思います。

 

 「日本はお金持ちで、武力もアメリカに守られているだけの国で何も恐れることの無い国」となめられていますので、北方領土は戻されず、経済援助と資源さえ買ってくれれば良いと見抜かれています。

 

 安倍総理も、したたかで少し腹黒い世界の政治家の真似をして下さい。それも勉強と経験です。あの政敵を平気で殺害する国との付き合い方もそこから出発です。

 

2017-09-06 20:54:42.0 日本の安全保障、このままでいいと考えますか?

 常に政治は激動しています。すべての国は、自分の国の国益を第一に考えています。国際社会と言っても、軍事力が強い国が支配する様になっています。軍事力で一番強い武器は、核を付けた大陸間弾道ミサイルです。軍事大国は持ち、持たない国は軍事大国の傘の下で戦々恐々、大国の言いなりです。

 自国の軍事力を持たない独立国は、弱腰、丸腰で最後は簡単に攻められ虐殺の山となり、このままでは、日本も滅びる可能性があると思います。今はアメリカが守ってくれていますが、アメリカもロシアも、白人の国は平気で裏切ります。黄色人種の日本人を助ける義理など感じませんし、もう日本は逆に邪魔です。アメリカは、ロシア、中国と仲良くして貿易を拡大すれば、国益に繋がります。朝鮮半島は、やがて中国、ロシア、北朝鮮の武力の前に手を上げ、赤色化され、アメリカが手を引けば、東南アジアは共産主義国家となり、多くの死傷者が出る事でしょう。

 今回の北朝鮮の暴挙に対する中国、ロシアの北朝鮮に対する制裁への対応を見ると結局の所、自国の国益のみで、国際社会の事など考えていません。やはり、織田信長の言葉「天下布武」武力によって制覇するのみ、話し合いでは天下は取れない事を実証しています。日本周辺の国々が「天下布武」なのに、独立国日本は、軍隊ではなく自衛隊で対応し、アメリカの武器を頼るだけで、この国を守れるのでしょうか?

 中国やロシア、北朝鮮も日本の弱点や弱体化を知っており、国内には、反日日本人、スパイ、反日思想団体など多くが存在し、またマスコミの中にも虚言、虚妄情報報道で国内の崩壊を考えている団体が沢山有ります。日本人は人がいいですが、世界中の国は腹黒く、信用の出来ない、自国の国益の事しか考えていない覇権国だと見るべきです。アメリカも同じです。自国の利益や得にならなければ、必ず日本を裏切り、売り渡す冷たい国です。

 日本は今、国防の全てを見直す時が来ています。維新の頃と同じです。しかし幕士の様な志士はいないのです。志士を育てる教育をしてこなかったのです。

2017-09-03 07:41:24.0 ♢ 前原民主党. 本当に日本国の為になれるのか!♢

 

   民主党の新しい党首が決まりました、前の蓮舫氏は二重国籍問題を抱いていました。民主党は野党と言っても、小選挙区制になり自由民主党が1議席となった為、仕方がないから革新系の左翼的政策の強い、当時の民主党に入党した元自民党の政治家も在籍した奇合所帯です国民の目から見ると党のカラーが分かりにくい政党で、只々自民党の政策をすべて反対し訴える政党でした。

 

 国民は期待して一度政権を民主党に与えたが、やはり左も右も混ざった政党で経験能力が無く、官僚の力や能力を引き出せ無い為、国民は安心して任せられず、混乱と停滞を招いた政党を退場させました。 又、自民党がそれでも国防・外交・経済・災害復興・インフラ整備・農政など専門的な知識のある政治家が多くいた為、再び返り咲きました。 しかし国民の支持率はここに来て、安倍自民党は急落傾向で、東京の都議選では惨憺たる結果でした。 

 

 いかに近代政治はマスコミの報道次第で、政権与党と言えども少しでも傲慢不遜なら国の主人公国民はNOを突き付け権力の座から退場させるのが、西側民主主義国家だから出来るのです。独裁者が一党だけで、国民の自由な選択の出来る権利を、与えてない国は今だ封建制その者です。    日本はしあせな国です。神様は八百万の方がおられ、どの神様を信じるのも、色々な政党を選ぶのも自由です。それだけに選ぶ側にも責任があります。

 

 政治の恐ろしいのは大衆迎合のうまい虚言、虚妄の出来もしない、甘い謀略宣伝にだまされない 賢い本物の正論を見抜く市民性・国民性を持ちましょう。スイスや北欧国民がしっかり落ち着いて、混乱の少ない安定した経済福祉国家を造っています。スイスなどは徴兵制で最高の武力兵器を持ち、自国は自国民が守るきっちりした、哲学を国民が持っている国で、犯罪も汚職も少ない国です。

 

 野党は只、自民党批判だけでなく、政策を国民の前に提示する政党になって下さい。    では又、