えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2016-04-03 00:10:24.0 『本当の愛情の豊かさ、女性の素晴らしさ!』

 

 NHKの朝ドラ「あさが来た」が終わりました。 たいへん視聴率が高かったそうです。   

 幕末から明治という日本の黎明期を舞台にした、ちょうど我が国に「あさが来た」時代の物語でした。

 

 大豪商、三井家の生まれで大阪の資産家の両替屋に嫁いだ主人公が、世相が混迷し先が見えない時代に類い稀な才能で先を読み、古い体質の両替屋を銀行に移行しました。 また九州の炭鉱を女だてらに経営し、さらに生命保険業の創設や新しい時代の女性の地位向上のため、日本初の「日本女子大学」の設立に奔走したりと、まさに時代の寵児という名に相応しい活躍をしました。 

 しかし、すべてが順風だった訳ではありませんでした。 襲い来る波瀾と苦難の連続の中で多くの人との出会いと別れがあり、喜びや悲しみもまた多くありました。

 

 私は、「現代の女性」と「昔の女性」の違いを物凄く感じました。

 主人公の広岡浅子さんが生まれた150年前の日本の女性は、一旦嫁いだらその家の商売や家族を守るために自分が犠牲になり、どんなに辛くとも耐え忍ぶというのが当たり前でした。 この時代は女性であっても、そんな気丈さと覚悟がしっかりと出来ていたのです。

 そのような女性たちが母親になり、心が広く豊かな愛情ですべてを包み込んで産み育てたからこそ、明治、大正、昭和初期まで気骨のある人間がたくさん世の中に出たのです。まさに大地のようなあるいは太陽のような女性が本当に多かったからではないでしょうか?

 

 世の中は母がいてすべてが生まれ育つのですが、しかし今は自分の快楽、享楽のために子供を殺害したり、虐待する母親が悲しいかな非常に増えてきています。   

 悪い女性ばかりではありませんが、例えば近年、相撲部屋で強い日本人力士が生まれないのは親方より母親替わりの女将さんが、弟子たちに「愛情」が無いからなのです。

 地域においても女性が結束力がなくなり、何事にも進んで人様のため、地域のためと他人にも施す母なる豊かな愛情の気持ちが薄れきております。 その結果、義理も人情もない殺伐とした社会状況になってきています。

 

 今回のNHKの「あさが来た」では、もう一度、昔の女性の生き方、素晴らしさというものを作者は訴えたかったのだろうと、見終わって私は感じました。

 このテレビを観て多くの日本人は、何をどう感じたのかと思わずにはいられません。

 昔あった町内の婦人会は少なくなっています。 家庭も地域もこの町も女性の方々の力が今こそ必要なのです!

 

2016-03-22 09:37:32.0 目に見えない現実をキャッチする仲間づくりをしませんか?

かつて液晶技術においては世界有数といわれたシャープが台湾企業の鴻海(ホンハイ)に買収され傘下に入ることとなりました。ここ数年、日本の名だたる有名企業が台湾・中国・韓国の企業に買収されるというかつての「日の丸ブランド」の凋落著しい時代に入ってきてしまいました。その現実をかつての創業者や先輩達がこの有様を見たらきっと草葉の陰で涙を流し、大和魂の誇りはどこへ行ったと無念であるに違いありません。創業者や先輩の残した精神が時代とともに風化し、「ものづくり」から「金儲け」にシフトした結果、短時間のうちにかげりやほころびが見え、企業の衰退が目に見えるようになってしまいます。

 

 それでも、トヨタ・ホンダ・三菱などの企業は創業者の精神を大切にしています。このような大企業だけではなく、国・地方自治体・中小零細企業の経営もすべて一緒です。新しい時代を創る、対応するにしてもすべての基本は歴史であり、自らが歩んできた足跡を振り返り省みて、失敗から学ぶ謙虚さが必要なのではないでしょうか?日本人の悪いところは“島国根性”といわれる所です。明治大正そして昭和の高度成長期にあったような活発な精神は失われ、視野に乏しく、自由闊達な議論を嫌い、何事も先例を墨守し、個性的な独自色が取り入れられないところがあります。特に役人と言われる人たちの仕事ぶりが一番目に付きます。何をやるにしても手続優先で時間がかかり、規則が優先されています。その雰囲気が上は国から下は町内・家庭に至るまで蔓延し、日本が暗い国にますますなっていっています。いろいろな場所で活躍する強力なリーダーが不在なのが原因ではないかと思います。

 

 アラブ諸国ではエセリーダーがはびこり、"ジハード(聖戦)"の名の下に民衆の憎悪をお互いに煽り、果てしない殺戮と略奪の連鎖を生んでいます。

 日本はそんなことはない「対岸の火事」と思っている人も多いようですが、そうではありません。日本人は悪い悪い、当たり前の国になることさえ悪いことだと口を開けばこういうことを叫ぶ反日的な日本人(成りすましや工作員も含みます)が多く、メディアもほとんどがその勢力にのっとられて正しいことを報道せず、ゴシップ記事だけを報道する機関に成り下がってしまいました。

 そのような勢力に乗せられないよう、正しい知識と情報、信念を持って行動する仲間を増やしましょう。腹を割って話し合える仲間を増やしましょう。

2016-03-16 11:31:59.0 この理不尽な時代、我々は何を信じたら良いのか?

 ここに来て、永年の私の大事な同志が癌に侵され、苦しみ痩せ衰えて天界に旅立って行く姿を見送ることが多くなりました。本当に惜別の情堪え難しです。

 癌に侵されれば本人はもとより、家族も、友人達も何も出来ず、入院して手術するか、抗癌剤を服用するか、放射線を照射するかの三つの治療法で癌と闘うことになりますが、しかしそのほとんどの人は副作用で体力が消耗してしまい、食べれるものも食べられず、骨と皮だけの痛々しい姿となってしまいます。これだけ医療技術が進化した現代でも未だ副作用を克服した抗癌治療法は無いようです。

 

 最近、医学会の中でも、それぞれの著書で、一人が「癌は治療せず放置した方が良い」「医者に殺される」と主張すれば、一方は「とんでもない癌は科学的療法で治療すべきだ」と言います。いったい患者はどちらを信じたら良いのでしょう。

 また血圧降下剤、血液サラサラ剤、血糖降下剤等、65歳以上の多くの人は毎日薬漬けの日々を送っていると思います。反面その結果、副作用による薬害患者が増え苦しんでいる現実があります。そしてそれは医療費の増額を招き、国や地方の財政を困窮させています。

 国家は集中的に税金を投入して一日も早く副作用の無い新薬開発の国家プロジェクトを立上げ、国民の期待に応えるべきです。

 

 また本当に身体や健康に良いのか判らない高価な“健康食品”と称する薬のコマーシャルが盛んに効能を煽り立てています。昔、“ガマの油”を香具師の啖呵で押し付ける姿を思い起こしてしまいます。テレビや新聞は大事なスポンサーの顔を立ててか、その効能に関しては一切不問で真実を国民に提示しようとはしません。

 国民は今、何を信用して良いのか手探りで生きている社会です。

 

 疑惑だらけの世の中で、「せめて病院の専門医師の出す薬くらい副作用の無い安心安全であること。テレビ、新聞社は自社の扱う健康食品のコマーシャルは、その効能を検証してから放映、掲載すること」。これらのことを国民も声を大にして叫びましょう。

 

 私は、世の中の理不尽なことに対して、信念通り自分の考えを表し、同志の輪を広げ、闘い続けたいと常に心に期しております。ご支援下さい。