えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2015-09-02 06:03:57.0 『雪下駄塾』入村妙高市長の講演を拝聴して

 去る8月22日、市民学習塾『雪下駄』に入村妙高市長をお迎えし「上越の発展に期待する」と題した講演を頂きました。

 

 かって私は、上越市議会の一般質問に於いて「例えば高田城址公園を幻想的なイルミネーションで演出したり、青田川、儀明川沿いの街路樹を神戸や横浜のように電飾したりして、夜の高田を演出し観光客誘致を盛り上げる気はないのか」と質問しました。しかし案の定、答えは「やる予定は無い」の全くつれないものでした。

 

 それに比べて、お隣の入村妙高市長は、自分たちのまち、集落、地域の活性化に次々と面白いアイディアを政策として取り入れたり、民間企業の努力に行政として支援したり、さらに市長自ら営業マンとして、妙高市の特産品(ゆきエビ等)の見本を持ち、販売ルートの拡大に努めているとのこと。そしてその効果が出て来ているとのこと。そのお話を伺い、私は感銘いたしました。まさに率先垂範の手本と言えるでしょう。

 

 現在、開催中の「アパリゾート上越妙高」における150万個のイルミネーションによる彩色イベントは大好評で、誘客は30万人を超え、地元への経済的波及効果は大きく、上越市の取引業者さえも絶賛している次第です。

 もう一つ大きな事業は2006年に運営会社(ソニー子会社)の破たんにより営業停止していた、旧『新井りゾート』の再開発がロッテグループの資本によって行われることが決まったと云うことを報告されていました。

 この入札にはロッテの他に数社が参加しており、この地が将来性が大であることを覗わせる話でした。

 

 10年前、入村市長は『新井市』の市名を『妙高市』に変えるという勇気ある大きな決断をされました。その当時、旧新井市民の中にはたいへん怒った人が大勢いたそうです。しかし『妙高』は全国に知れ渡った名称。その効果は抜群で特産品『新井かんずり』も『妙高かんずり』にしたら売上が倍になっているそうです。

 天皇陛下主催の園遊会に於いて、入村市長の胸の名札が『妙高市長』とあるの見て、皇族の方々は赤倉に避暑に行った時のこと、スキーしたことを懐かしく話してくれたそうです。「これが新井市長では誰も立ち止まらず。通り過ぎて行くだけだったでしょう」と笑っておっしゃっておられました。

 

それだけ市名、駅名は大切なことなのです。

 

 私が今でも悔しいのは新幹線駅名に上越線と紛らわしい『上越』と冠したことです。案の定悪い方の結果が出ています。入村市長の旧来の友人からも「上越妙高駅は上越線の湯沢近くに新しく出来たのか?」と言ったようなトンチンカンな問い合わせがあったそうです。

 

 私は旧高田地域、直江津地域の活性化が無い限り、合併した他の13区も元気が出ないと思います。その解決策としてはこの際早く、妙高市と合併し、市名も思切って『妙高市』にして、全国に知れ渡る存在感のある都市にしないと100年先でも明るさの見えないようなまちになってしまう感じがしています。

 

 政治とは夢と希望を実現する手段です。そこに批判を恐れていては何も出来ません。県立武道館の誘致成功は夢と希望の具現化の一つです。

 

 それと政治に大切なことは先見性とリーダーシップです。妙高市民が、市長の先見性とリーダーシップを信じ、入村市長を支えているからこそ政策が実現しているのです。

 “市民がしっかりした考えを持っている” ことがまちづくり、国づくりに一番必要なことです。

 

 

 

 

 

 

2015-08-29 09:34:55.0 『議会傍聴にご参集ください!』

  現在、日本中が安保法案の国会での審議状況や今後の採決の結果について非常に関心を持って見守っております。

 

 しかしながら、安保法案反対派、反日左翼などの人たちは日本中津々浦々において、反対の抗議活動や集会・ビラ配布・署名・デモ行進などと次から次へと徹底した行動を取りながら、一般の良識的な方々をその巧みな話術によって洗脳幻惑しております。

責任感が強い人、優しく温和で良識のある人、知的で真っ直ぐな人など、この様な人ほど騙され惑わされてしまう傾向があるようです。

 

 我、上越市議会においても、私は前々から非常に懸念しておりましたが、とうとう本日(8/28)議員運営委員会において「安全保障関連法制定の中止を求める意見書」を本会議において採決することが決定してしまいました。

 本議会においてこの「意見書」が万が一にも可決されるような事になれば、この意見書は地方自治法第99条の規定に基づき、衆議院議長・参議院議長・内閣総理大臣に提出される事になります。歴史と誇りあるこの上越の地に未来にこのような汚点を残すようなことが決してあってはならないと考えます。

 「9月2日」私はこの愛する日本と子や孫子の未来を守るために、この意見書に対し反対の立場で討論を行います。当日は多くの左翼の人たちが傍聴に来ると思われます。

 

 以前、「特定秘密法案の強行採決に反対する意見書」の採決の折、議員による反対討論の最中傍聴席からあってはならない「ヤジ・罵声」が上がりました。この9月議会においては、その時以上の「ヤジ・罵声」が飛び交うことが予想されます。

 

 つきましては、良識ある保守派の皆様にお願いです!お時間のある方は是非とも当日議会傍聴にいらしてください!そして私に力を与えてください!議会という戦場で私と一緒に闘ってください!この国と子供たちの未来を守るために!!

 

 尚、9月2日の反対討論は何時になるかわかりませんので、時間に余裕を見て来て頂くか、上越市議会事務局にご確認下さるよう重ねてお願い致します。

 

 

2015-08-25 05:28:39.0 日本の主権と独立、国民の生命と安全を守るために何を成すべきか?

 最近、上越地域に於いてもいわゆる革新系、左派系の団体、人達が「安倍政権は戦争を準備している」と云うような誤解も甚だしいビラを配布しています。我が国では思想、信条、表現の自由など憲法で保障され、世界中で一番自由を謳歌出来る幸せな国です。したがって時の政府を好き勝手に批判することは大いに結構です。

 

 しかし、日本の安保法制を考えるとき、一番大切なことは「違憲か否か」ではなく、「日本の主権と独立、国民の生命、財産、安全を守るために何を成すべきか」を問題にすべきなのです。 「憲法守って、国滅ぶ」では全く本末転倒です。憲法は相手国に主権と独立を侵されてしまえば忽ちのうちに改変させられてしまいます。

 今回の安保法制に反対を唱える人達は“国防”と云うものをどのように考えているのでしょうか。「平和平和」と唱えていれば平和が保たれると思っているのでしょうか。現実には『日米安全保障条約』と米軍の協力を得た『陸海空の自衛隊』が日々連日連夜、日本を守っているのですその現実は彼らも解っています。ですから国会質疑に於いても「自衛隊解体」「日米安全保障条約破棄」とは絶対言いません。そこが彼らのずるい処です。

 

いま『集団的自衛権』を戦争法案として否決すれば、アメリカとの関係は薄れ、アメリカは日本を守る必要もなくなり、侵攻してくる中国に日本は屈服せざるを得なくなります。さもなくば日本独自で軍拡の方向に行き“核装備”“徴兵制施行”ということになります。これで良いですか。

 

 戦後70年、左翼政党の軌跡を今一度振り返って見ましょう。

 1951年、日米安全保障条約を締結した時から、「日本は再び戦争する国になる」「安保反対」「米軍基地反対」「自衛隊反対」「君が代、日の丸反対」「成田空港も基地になるので反対」「消費税反対」等々々、まことに耳障りの良い文句を掲げて、自分達だけが正義と平和を守るあるかのごとき訴え大衆を扇動し続けて来ました。

  しかし今、検証して見れば、全くの的はずれのことは明明白白です。

 

幸いなことに、日本国民はバランス感覚に優れた正しい判断の出来る民族ですから左翼政党を政権政党にすることは有りませんでした。ただ一つの間違いは2009年9月に民主党政権を許したことです。それからの3年3ヶ月の失政の連続は本当に悔やまれることです。

 ましてや、歴代総理と呼ぶのもおこがましい、沖縄基地問題をこじらせた鳩山由紀夫氏がこともあろうに韓国に行ってひざまずいて謝罪するとは。この国益に反する行動を民主党は「私らの与り知らぬぬこと」は絶対に言えないはずです。

 

 来夏の参議員選挙から選挙権が18歳に引き下げられます。この若い人達に期待します。空想や念仏をまことしやかに出来るがごとくの説法と、時の政権をこき下ろすことばかりの評論に翻弄されることなく選挙権を行使して下さい。

 どうしたら自分の考えを持ち、事の真贋を見極め、一票を投ずる事が出来るのか?それには一に勉強、二に勉強です。特に近代史現代史の本を沢山読んで下さい。同じ事象でも違う角度から書かれた本を2冊、3冊と呼んで下さい。そこに真実が表れて来ます。

 

 政治には関心無い。他人事だと思わないでください。彼方の一票が住んでるまちの、国の方向を決めるのです。政治を馬鹿にする人は必ず政治に裏切られます。

 

 戦後70年、何でも自由、好き勝手、自分さえ良ければ良い主義も、そろそろ節度、秩序を取り入れる社会を構築して行く時期が来ていると思います。日本人なら日本の歴史や伝統に誇りを持ち、この素晴らしい日本の繁栄の為に汗を流し努力しましょう。

 

今私は、以上述べました私の政治運動に共鳴できる同志を求めています。お手伝い下さる方連絡ください。