えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/10/18 12:11 <ラグビーワールドカップが世界に訴えるものは>

 

 スポーツが持っている素晴らしさ、その醍醐味を味わっている今回のラグビーワールドカップであります。日本での開催で、強豪チームを次々に破り決勝戦に出場出来たこの栄光は1億2千万人の日本国民に喜びの感動を与えてくれた日本チームに先ず感謝いたします。

 

 そして争い事ばかり続けている最近の世界情勢の中で、スポーツこそが人間の持つ力と叡智をルールに則り、日頃の非常に厳しい鍛練を経て気力と体力を極限にまで高め、死力を尽くして戦い、終われば双方の国の代表の選手がお互いに健闘を称え合う爽やかな雰囲気は大きな事を教えてくれていると思います。

 

 先ず立派にルールを守り切った事、そして激しく死力を振り絞り合った事をお互いに称賛し合う冷静なスポーツマンシップ、この精神が「平和」そのものである事を人間に教えています。試合は試合、終わればお互いに理解を示し称え合う、それが人間の理想の姿です。そう言うスポーツの持っている精神の祭典がオリンピックです。

 

 人間教育の中で日本人が古来から続けて持っているものの中に「武道」と言うものがあります。気力、精神と体力、技、「心技体」の完成です。欧米から明治以降に来た全てのスポーツと共通はしていますが、「武道」は勝ち負けは大事ですが相手の事も考える、その第一は「礼儀」を先ず学ぶと言う哲学があり、ここが西洋のスポーツとの違いです。

 

 礼儀を重んずれば必然的にルールを守る事になります。それが平和に繋がります。その心が謙信公の教訓の「第一義」、究極の真理です。この精神を世界の指導者の政治家とどこの国の民衆が持っていれば世界から戦争は無くなるのです。今開催されているワールドカップが平和のあり方を教えてくれています。そしてチームワークと結束が大事です。

 

2019/10/17 09:01 ♢ 災害防止、これこそ政治の責任です。♢

 

 大昔から大型の台風が日本列島を襲ってきた歴史が沢山残っています、地震も同じですが何故か日本人は忘れぽく過去を学ばない淡泊国民性と、最近では政治に関心がない.地域の政治家を育てない.官僚は住民の声に耳をかさない.役所の仕事は常にスピード感が遅く、こう言う災害が分かっても国はもっと早く予算を付けるべきであり、川の堤防の安全基準の見直し総点検と国土庁.県や市の土木課.災害対策室の強化を政治力のある政治家集団が力らを結束し専門の学者などや一般住民の声を聴き入れ、台風や災害対応のプロジェクト組織を構成し、大雨による一級.二級河川の堤防の崩壊や泥水の流出防止のために国..市が全力で取り組むべきであると思います。

 

 又、その原因であります空気中に排出しているCO2 (二酸化炭素)の問題ではアメリカのトランプ氏が自国経済の為にこの環境問題には協力せず、日本政府もアメリカと歩調を合わせCO2排出の抑制の国際組織に加盟していない日本政府もおかしいと思います、この台風19号の被害は便利と豊かさスピードを求めすぎた代償として、地球環境を破壊しながら人間も存在出来ない地球にしていると思います、人間が作り出した原子力のゴミやCO2の縮少は政治家の仕事です、この色々な難問の解決には日頃から普通の市民も人事ではなく、安全保障.防衛.経済政策.福祉.教育.文化.町づくりなどのすべての情報を共有する同士で民主主義と自由体制を守る勉強が必要ではないかと感じました、災害に強い国づくりは大事な政治のテーマです。

 

 又、この災害に遭われた皆様方の一日も早い復興を切に願うものであります。   では又、  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/10/14 09:29 <台風19号が教えたものがありますよ。>

 

 台風19号が日本列島に襲い掛かり甚大な被害が日本各地で起こってしまいました。人間の力など大自然の力の前では圧倒的に無力で、只唖然と何も出来ず見つめるだけです。地震と台風、日本列島はこの2つの自然災害の上に乗っており、通り道の中にあるので避けられない宿命国家としてその中で我々は暮らして来ました。

 

 大昔から政治と災害はこの国では敵と味方のようにお互いに敵対し合って来た戦いの歴史でもあります。この災害のために、戦争と同じように数百万人の命を奪って来たのが自然災害でした。

 

 近年、特に異常気象は人間が作り出した環境破壊から自然体系が人間に仕返しをしているのではとの声も出ています。地球温暖化、CО2の増加で海水温が上昇し、赤道直下に台風が頻繁に発生するのです。そして、あの大波のエネルギーが日本列島の地下の断層を動かすエネルギーとして溜まると、横ずれ・隆起に直結するのが地震発生のメカニズムです。

 

 これは現代の科学を持ってしても解決出来ない事ですから、こう言う災害に対応出来る強靭な国土のインフラ整備が政府の仕事です。それなのに無責任な野党の方々は、コンクリート政治の自民党は土建屋政治で悪い国を造るから駄目であると叫び、公共事業はいかにも悪い政治であるかのように、国会で当時の民主党政権時代に声高に国会やマスコミの前で発信していました。

 

 その為、河川整備、雨水調整のダム建設、海岸線の防波堤整備、地滑り対策、電線の地中化など命に直結する防災関連の公共事業の予算を削りました。そのために業界の力も減少し、縮小や廃業、転業する業者も多く出ました。こう言う誤った政治の方向性は、大きな災害が起きれば必ず甚大な被害として「しっぺ返し」を受けます。早目・早目に手を打って災害の起きる前に防備を完全にコンクリートで固めて置く位の先を見た政治を、災害列島の我が国では行うべきだと思います。

 

 来年も必ず大雨や台風に襲われるのは間違い無い我が国です。有権者の皆様、変なイデオロギーに洗脳され、マインドコントロールから覚めないでいると、又失敗を繰り返しますよ。特に上越市民の皆様!ここは危険個所の多い所です。良く考えて投票して下さい。公共事業に反対しないで下さい。命を守ってくれるのはイデオロギーではありません。コンクリートです。