えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/06/24 18:26 <本当に独立した主権国家と言えるのか?>

 

 焦点が見えない参議院選挙が近づいております。参議院選挙は衆議院と違い、長くて広いこの新潟県では選出国会議員はたった一人で、民の多くにとっては残念ながら選挙以外では殆ど顔も見えない県民の代表となっています。そしてもう一人立候補された方は女性の方で新潟県とは縁も所縁(ゆかり)も全く無い、今まで顔も名前も聞いた事の無い空から突然降って来たような人で、この方を選べと言う方もおかしな話であります。

 

 国政選挙はこの国の将来のビジョンが焦点であるべきです。今回の選挙の立候補者のお一人は自民党ですが、もう一方の女性は無所属との事です。国政は政党政治なのに無所属ではあまりにも無責任である事を有権者はもっと強く認識していただきたいのです。

 

 自分の政治活動で一番大切な国政は防衛、安全保障に係わる外交、経済と一体となる財政問題、教育と福祉、国造りのインフラ等何れも非常に重要な案件ばかりですが、無所属でしかも寄り合い所帯の弱小政党で、それぞれの政党の理念や目指す方向性が違うにも拘わらず、国会議員の数合わせだけが目標の参議院選挙では「情けない」の一言です。今新潟県の財政は花角知事によってようやく明らかになりましたが、全国最低レベルの金欠病で重症です。このような緊急事態であればこそ政治家も有権者ももっと足元を見て頂きたいと思います。

 

 焦点はなんと言っても北朝鮮問題です。彼の国は無通告で弾道ミサイル発射実験を行い続けています。2016年は15回23発、2017年は15回20発、これ程までに独立国である我が国をなめ切っています。海産物も取り放題、領海侵犯なんのそのです。又、日本人が拉致されても何の反撃も攻撃も出来ない腑抜けの国に成り下がってしまった戦後の我が国、これが今の実情です。

 

 果たして本当にこの国の安全が守られるのかを国会議員の責任として議論すべきです。特に第一に憲法についても解散の焦点として、国民にその真意を問い質すべきです。国家の明暗を分ける大事な事なのに、政治の場を党利党略や議員の数合わせだけに終始してはなりません。国自身が独立と主権を守る事が国民の生命と財産に直結しているはずなのに、その危機意識の無さを感じる戦後の74年間です。

 

 中国や北朝鮮、韓国は今でも日本への敵視政策で国民の目を外に向けさせる事で自国の政権安定の手段に使っています。日本は抑止力として、日本人の手で日本国憲法を改正し、主権国家として当然の国体にすべきでないでしょうか。自分達の国をその国民の手で守って初めて独立国家、主権国家と言うものでないでしょうか。 

 

2019/06/23 12:59 ♢ 世の中の混乱.異常の原因は食と食材にもあり ♢ パート1 2019年6月20日

  狂人が多くなっている21世紀、親が子を殺し子が親を殺す戦後の我が国は、豊かでブヨブヨに肥満体の身体になってはいますがほとんどが、成人病予備軍、そして気が弱くて小さいく忍耐力が無いためにほとんどが根気根性が無く一歩間違うとすぐに切れて錯乱状態になり家の中でも暴れる人間が、最近頻繁に事件を起こしています。 

 

 私は原因について色々考えましたが、昔起きなかった事が最近これだけ日常茶番自事のように異常な人間が増えているのは食べ物ではないかと思うのです、昔と一番違っているのは食材です、昭和20年代の食材は、今思いますとほとんどが無添加で自然食品に近い物ばかりが口の中に入っていました。

 

 当時はスーパーマーケットやコンビニは有りませんので、どこの家でもお袋かおばあちゃんの手作りの愛情のこもつた手作りの惣菜で、調味料の塩も入梅になれば湿気をよんでべた付き精製されていない自然の塩でした、ミネラルがたっぷりで、味噌.醤油は防腐剤が入っていないので「カビがわく事がごく当たり前で自然のままでした、今は生きた麴菌を殺した不自然な添加物入りの調味料が多く、外国のワインや調味料は酸化防腐剤のたっぷり入った食料品が多く、しかもおにぎりや弁当もお米を炊き上げると消毒剤の霧の下を通ります、食中毒予防の添加物です、パンもうどんもそばも材料も遺伝子組み換えの食材も出回り、アレルギー.アトピー.喘息などの病気の原因とも言われています、便利な現代社会.実話人間の身体と精神のためには危険で決して良くないものがあっ降れているのがこの現代社会です、特に三度三度口の中に入れる食事、栄養学をもう一度.子供達の為に大人は学ぶべきです、食事は子供の人間性を左右します、自然食に近かった50年前の献立を今もう一度見直す事が必要かと思います、学校給食のメニューを変えたらいじめが無くなった学校もあるのです、食はそれだけ大切な物なのです。 

                        それでは、

2019/06/20 16:55 ♢ 香港市民の自由を守る情熱、何を感じますか‥!♢

英国が「香港」を中国に返還した時、50年間は「香港」を自由主義、民衆が主人公の民主主義も残して香港を統治する、そして一国二制度.共産党政権と一緒に香港の民主主義に慣れた市民は、言論の自由.表言の自由.思想の自由.政府権力への批判の自由は当然であると思っていたところ、習近平政権になり急激に一党独裁色が強まり共産党一色のやり方を強行、民主化を叫んだ人達は30年前の天安門の集会の鎮圧は警察ではなく、人民解放軍を出動させ、丸腰の市民を戦車や銃砲で殺傷による何千人の命を奪う恐ろしい権力で政府は共産主義指導を頑強に国を統治するやり方が正しいと思い、その後も国民が思っている民主化は進まず、香港も台湾も中国共産党政権は完全にマルクスレーニン思想で国を統治する、それが強い世界制覇をする中華思想の野望を実現する為に経済を成長させ、軍備を近代化させ世界一の軍事大国になろうとしています。

 

 その為に香港の市民のデモも天安門と同じく力によって制圧され、指導する民主化運動家のリーダーたちは中国国内にいればどんどん消されて行く事だと思います、共産党主義の政権を批判すれば命が無くなる北朝鮮やロシヤも似ている所があります、日本は本当に良い国で、どんなに安倍政権をボロクソに批判しても誰も殺されません、言論の自由.思想の自由.結社の自由.宗教や政治政党も自由に作れます。こんなに素晴らしい国ですので有難いと思わなければなりません、この自由と民主主義を守るために勉強やその為の行動が選挙です、無関心で投票すらしないその考えは誉められるものではありません、大人として責任を持つて大事な権利を真っ当して始めて一人前の人間でないでしょうか、同じ考えの同志で私は仲間と琢磨塾で勉強会を開いています。 又、次のブログでアップしたいと思います。  それでは又、