えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/01/20 17:47 <両横綱の休場、大関の弱体化、どうするの?>

 

 大相撲と皇室は日本の象徴の一つであり、日本人が大事にする国の宝です。多くの国民の支持や心の誇りの一部でもあります。又、横綱は生きている人間が白い注連縄を巻き付けられる神聖な生き神様ですから誰でもがなれる訳ではありません。それだけに大きな影響力がありますから、国民に勇気や元気を与える霊気や品格も無ければならない地位が国技、相撲の横綱・大関の責任でもありますから、身心共に毎日が修業、努力しかありません。怪我、病気、ストレスにも打ち勝つ肉体と心の研磨を二十代ソコソコで完成させるのですから並みの人間ではありません。いかに部屋の師匠、兄弟子一門の伝統、親方衆の力量で横綱、大関が生まれるかです。

 

 しかし社会の変化は伝統の相撲界を変えてしまい、師と弟子の関係、力士の育て方、何より相撲協会の商業主義が外国人力士の導入や人気だけの方向に進み、相撲の中身がどんどん薄く軽く弱体化し、大学の相撲部卒のインスタント力士をプロに送り込む、安易な育成が導入され、それが故に真から心身共に強い昔の様なプロの相撲界から、現在ではアマチュア相撲とあまり変わらない、力強く品格のある力士らしい力士のいない、弱くて直ぐに大関の座から滑り落ちて行く姿に落ちぶれています。

 

 相撲協会はもう一度全てをやり直して、先ず商業主義を改め、相撲界への入門に於いては国籍は全て日本人のみとし、年齢は20才以下に制限し、力士の健康管理体制は協会で必ず各部屋に義務付けさせる。そして一門意識を徹底的に教え込み伝統に合った強さの猛稽古を復活させる事。これらを相撲協会自身で全て見直しを計らないと、このままでは国技である大相撲は徐々に衰退して行くのではないかと思えてなりません。

 

 本当に大好きだった日本の国技の為にもファンは心配なのです。

 

2020/01/19 11:59 ♢ 女性議員候補者に望む! ♢

 

 急に6名近い女性の方が、この4月の市議会議員選挙に立候補されると言う話題が上越市の中で囁かれています、何事にも上越市人の気風は穏やかで消極的で控えめ、自分で売り込んだり目立ちたがり屋は少ない気質の街でしたが、めずらしく、しかも全国的に議員のなり手が減る問題になっている時期に、女性の方が思い切って私が皆様の代表として権力者に恐れず、この上越市政に自分の考えを訴え生活の向上につなげたいと、自分の考えを貫きたいと決心をされました。

  

 ペーパーテストでは無く選挙と言う通信簿を貰う作業に挑戦される決断は、肉親や周りの人達の理解.協力を戴けなければならない厚い壁を乗り越える太く強い精神力は立派なものだと思います、私は以前から女性の社会的な立場で男性には無い考えや知恵を出して、男女が協力しながら地域社会を構築して行くべきであり、もっとあらゆる面でも女性の方がリーダーシップ発揮すべきであると思っていました、女性の奥深い優しさ、愛こそ女性の持つ特権で神様でも女神は生命を産む象徴です、政治は国民.市民にどれだけ優しく愛や慈悲の心で接するかです、行政の権力は以外と守りの姿勢が強く、強者には弱く本当の弱者には冷たいところがあるのです、戦後男は視先して国を守ると言う精神的なものが無くなり自己中心で消極的な男性が多い社会です、日本を弱体化させた占領国の思惑通りになっていますので、女性の方がもっと積極的に社会に出る国になって欲しいですね、只女性の中には気だけ強く感情的でヒステリックだけの女性政治家もおりますが、逆に女性の質や品格も下落させないように知性と女性ならではの人間味豊かな議員になって、どんどん政策提言の質問に立って下さい、市民は期待しているでしょう、又.男性候補も負けずに頑張って下さい。     それでは、

 

 

2020/01/13 15:54 ♢ お正月の、あの美しい習慣、色彩.心、どこに置いて来たのか ♢

 

 歴史と伝統が消えて行く我が国の姿と象徴の新春.お正月の行事ですが、年々お正月の雰囲気や風情.情緒が消えている最近の日本の社会、豊かで弁理で近代的と思っていたら、どんどん日本の美しい物.奥深い良いもの.習慣まで無くなつている現代社会、もう一度これで良いのか.それで良いのかと思う人達が表れないと本物が姿を変えて行き、何事にも深みの無い世相になつて行く事が非常に心配になるのです。

 

 お正月の習慣や風情は和風美そのもので、美しい色彩が家庭の中のお料理や玄関.床の間や着物や洋服.頭の髪までお正月らしい型がありました、走っていたマイカーまでしめ飾りを付けて道路を走っていました、映画館も必ずスター達の豪華キャスト出演の正月映画は、どこの映画館も超満員でした、 初売りの本町商店街も着飾ったお客が街にあふれ、喫茶店やあの品川食堂もいずも屋デパート、その後大和デパートなども近郷近在の老若男女で大変な賑わいが直江津も高田も高田の商店街もお正月の風物詩でした、仲町の花柳界姉さん方の日本髪と和風の白足袋姿は華やかな正月の雰囲気がお座敷の中に又、雁木の中にもありましたが芸子さん達もだんだん減り今や風前の灯火です、各家庭の餅つきも姑と嫁で造る手造りのおせち料理も無く、今やスーパーやお店の出来合いのオードブルです、家の玄関前に門松や国旗を上げている家はほとんどありません、町内の新年会もパラパラの町内が多く寂しい限りです。

 

 どんどん日本の姿が失われているのは、日本人の心が明治.大正.昭和の時代より、日本人の心をが失っているからです、もう一度早く気が付きあの精神心を取り戻す努力を厭わない国民性にならないと、日本はやがて心の中がいつも誇りや輝きを失い心の卑しい民族になってしまいそうです、物やお金より、もっと人間の内面の豊かさ、昔の日本人の感性を取り戻さなければならないと思います、皆さんはどうお考えでしょうか。

 

 豊かになると違った方向に進んでいる事に気が付くべきです。