えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2014/05/08 16:41 国民は等しく持とう危機意識

“一寸先は闇”・・・楽しいはずのゴールデンウィークが一瞬で悲劇に変わる。上越の海岸で子供3名を含む5人が波にさらわれて亡くなった痛ましい事故を始め、残念ながら今年も行楽地や観光地で事故に巻き込まれ尊い命が失われる事態が発生してしまいました。御遺族の心中を察するに余りあり、ただ御冥福を祈る事しか私にはできません。

 

 また、首都直下型地震、東海沖に大地震が来ると言われて久しく、つい先日、震度5と言う極めて大きな地震が関東地方を襲いました。起こってほしくはありませんが、一度起こってしまうと数万人の死者、その数倍の負傷者、建物の倒壊、交通網の寸断、インフラの壊滅など、考えただけでも背筋の寒くなる話ばかりです。

 

 “危機管理”という言葉がありますが、これは政府・行政が主導するものであり、個人はそれに基づいて動けばよいと考えがちですが、そうではありません。緊急事態が発生し、個人の「命」が危機に直面した場合、のんびりと政府・行政の指示を待っていたのではとても間に合いません。普段から個人が「危機意識」を持ち、“危機管理”について家族や地域と連絡を取り合い、緊急事態が発生した時に当面の危機に対してどう対処するか・・・普段からの心構えが大切です。政府・行政は普段は国民に対して危機管理教育を行い、緊急事態に於いては迅速な対応を心掛け、国民は自分たちの身を護るための教育を受ける・・・一見矛盾しているようにも見えますが、“自分の身は自分で守る”のは当然であります。

 

 戦後69年が経過しますが、昔から見て、“命”についての教育がおかしい方向に行っているのではないかと思います。国を守るのは憲法9条ではなくて国民の危機意識の高さ、そして国を守る為の組織であります。しかしその素地を育てるはずの学校では公共道徳より個人の自由や権利ばかりを教え、危機管理を教える事は殆ど無いに近い状態です。

 そのような中で育った若者がどんな考えを持っているかはもう既に何度も申し上げているので詳しくは言いませんが、非常に“危機的”な状況であります。

 2600年を超える日本の歴史を紐解き、“国難”と言われた時代にどのようにして日本国民が団結して乗り越えたのか今一度学ぶ時期に来ていると思います。そして世界から称賛される日本を誇りに思い続けましょう。