えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2014-09-07 14:14:20.0 「情けない教育の荒廃、現状では日本と地方の明日がない!」

ごく最近の事ですが、盲目の方を誘導する盲導犬にフォークを刺したり、15歳の少女が同級生を殺し首と手首を切断し腹の中を見たいと言って切り裂き、部屋の中を血の海にして平然としている子供が現れたりしています。

 

すべての子供が悪いと言ってる訳ではありませんが、相変わらず陰惨な「いじめ、校内暴力、登校拒否、子供の自殺、引きこもり、また、若い親達の子供への虐待」など子供達の世界やそれを取り巻く世相は昔なら考えられないくらい混乱しており、まさにカオス状態を呈しております。将来的にこのままではこの国の未来がとても心配でなりません。

 

原因は沢山ありますが、一日も早く国民全体で真剣に深刻に考え対策に手を付ける時が来ています。それは正しく戦後教育の反省と見直しです。

戦前の教育はその元で戦争を行ったために間違いであり、日本の教育はすべて悪いといいながら戦勝国アメリカの自由と平等や責任感を教えない身勝手な民主主義教育と左翼思想に染まっている教職員組合、官僚、学者などに戦後教育は指導権を握られ、現在も戦争を中心とした自虐史観で69年間、日本国の教育界に於いては子供達の指導方法が混乱しております。その結果、子供達の社会には暗雲が立ち込め明るさや希望が見えておりません。

現在の教育制度や教育に携わっている組織・教育方法などは完全に動脈硬化機能不全に陥っています。思い切った大胆な教育改革をやらないと必ず日本はおかしくなると思います。

 

そこで日本人の教育は2000年の歴史と文化・伝統を誇りに持ち、先人達が大切にしてきた宗教的道徳観や東洋思想の儒学・陽明学を教え、特に日本人に合わない不純な文化・哲学、外国の風俗・習慣などはこれを取り入れないようにすることが肝要と思います。

また、スポーツに於いては「礼に始まり礼で終わる」精神強化の禅剣一致の武道教育を行い、高校3年間は全寮制の団体生活を行いながら「食」は自ら農業・漁業を体験させ「人間生きるとは何か?社会に役に立つとは何か?国家とは何か?故郷と家族、地域のためになるとは何か?」など人間として立派に自立できる様な教育指導を行っていくべきだと思います。そして考え責任ある行動する人間を育成する教育の原点に戻る教育指導が現れて欲しいと思います。

 

人材を育てなければ国も地方も繁栄は出来ません。国家の安全保障と教育は一体感を持っています。それに経済と福祉がしっかりと結束する理想的な国づくり、町づくりが大切です。厚い壁を破り教育の専門家も新しいやり方、新しい発想の子供の教育制度をやる時です。従来通りの学者や校長の意見ではなく民間の管理職、経験者などもどしどし登用し教育界に新しい風を吹き込んで欲しいと思います。

未来の日本を安心して次の世代に託すためにも、今こそ私たち大人が子供達や未来に対して責任を果たす時なのです。

『子供達こそ日本の未来を背負うのです!』