えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2015/02/03 08:55 今こそ世界に広めよう東洋思想の人間学を‼

 「人間は人を殺すという手段しか解決の手立てを持っていないのか」と思うと、人間は地球上の生物の中で一番下等な生物のような感じがしてなりません。神と云う人間以上の能力のあるものを信じ祈っても、祈りが足りなかったのか、遠い中東の地で日本人がまたテロ集団に拉致され殺されてしまいました。

 

  2001年9月11日にアメリカ合衆国で発生した、ハイジャックされた2機の旅客機がニューヨーク世界貿易センタービルに激突した『9・11同時多発テロ事件』以来益々イスラム過激派の狂気は何の罪も無い丸腰の女、子供、老人を見境もなく平気で殺して来ています。どんな理由が有ったとしてもイスラムの神は「人を殺せ」とは言っているはずもないし、コーランの経典にも書いてあるとは思えません。

 

  日本においても、宗教を悪用し、自分の夢想した通りの世の中を創り出そうとした『オウム真理教』集団、それに感化された高学歴のインテリ達が善悪の判断すら出来なくなって教祖の命ずるまま唯唯諾諾と殺人を犯す人間の思想の怖さ。

 

  こんなに科学技術が進んでいる社会では、逆に人間の心や考えが退化し、思想や宗教が進歩を停めているような感じがしてなりません。先日も名古屋の女子大生が「人間を殺してみたかった」と言って訪ねて来た老女を殺害した暗くおぞましいニュースが報道されました。

 

  、「正しいことは何か、絶対やってはいけない事は何か」法律や損得の理屈で教えるのでは無く、「ならぬことはならぬものです」と教えこむ幼児教育が絶対必要になって来ております。例えば「人を殺してはダメ」と言うことを法律が有るから、警察に捕まるからやってはダメ」と理屈で教えられるでしょうか。“駄目なものは駄目”と幼児に基準を与える教育が必要です。

 

 そして世界的にこの幼児教育を今一度見直さなければならない時期に来ていると思います。テロの悲劇は政治や経済力、軍事力の強さだけでは解決出来ません。

  日本は古来より『和』を尊ぶ国柄です。今日程、2000年前、聖人達が書き残した東洋哲学の書を紐解き、その源流の人間学を教えなければならない時はありません。お金や物よりも大切な人間の心を豊かにする教育を基本にすべきだと思います。

  私は、人間を救うのは西洋や中東の宗教ではなく東洋思想だと思いますが、皆様は如何にお考えでしょうか。