えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2016/04/16 12:18 大事な一票がこのまちの進路を決めます

4年に一度の上越市議会選挙がいよいよ始まります。市議会は上越市の最高の意思決定機関です。それだけに上越市の将来性まで見極める見識の高い将来像を発想できる感性豊かな人物を有権者は選んでいただきたく思います。

 政治は国や地方自治体の運命を決める大事な仕事をする特別公務員でもありますが、市民の声の代弁者でもあります。故に市民感覚を常に以って居なければなりません。市長をはじめとする行政、それを執行する役人と言うものはとかく我々一般市民とはかけ離れた常識や行動哲学を持っています。それが今日の政治不信につながり、投票率が低下する原因を作り出していります。

 選挙は民主主義を守る大事な行事でありますが、何よりも有権者の意識が大切であります。投票権という大事な権利を放棄し、政治が悪いと叫ぶ人はその資格がまずありません。まず投票所に行き、自らの意思を示すことです。さまざまな情報から自分が最良と判断する人に一票を投じてください。

 有権者の一票がこのまちの行く末を決めるのです。投票日の4月24日には必ず投票所に行きましょう。都合の付かない方は期日前投票もあります。大切な一票、無駄にしないで下さい。