えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017/02/06 00:31 『心配していた日米安全保障問題に関して』

 

 トランプ新大統領は連日、公約の通りとても日本では考えられない程、その権力を行使して従来にない政治を実行し、マスコミや国民が騒ぐような様々な発言を繰り返しております。

 

 私が一番心配していたのは、日米安全保障条約第5条に関する新政権の対応でした。トランプ大統領はマティス国防長官という防衛問題の最適人者を任命し、素早く韓国と日本を訪問させました。

 北朝鮮の核やミサイル開発問題、中国による海洋侵出、特に尖閣諸島への領空・領海を度々侵犯しながらの侵出活動は、オバマ前大統領時代から急激にその動きが活発化しておりました。マティス国防長官の両国での会談は、トランプ大統領としては最高に適切な指示だったと私は思いました。これで、少し日本の国防問題の不安は解消されたと感じました。

 

 また、このマティス国防長官は、今までアメリカ軍の海兵隊の大将として、世界中の軍事紛争の現場で直接指揮を執っていた猛将であり、こと国防に関しては日本の防衛大臣とは経験の重さなど、「天と地」程の差がありますで安倍総理や防衛省の幹部は胸を撫で下ろしていることでしょうし、我々国民もホッとしています。そして小気味よいのはスパイサー報道官もトランプ政権のカラーを前面に出し、主要メディア優先ではなく地方のテレビ局やインターネット電話、ラジオ番組の司会者などに多くの発言指名をしたりして、民主的な対応をするなどし好感を与えました。

 

 日本では、故田中角栄元総理もマスコミによって消されました。左翼的な考えや反日的な記者の一方的な考えで、静かに良い事をやった政治家の事は一切記事には載せないのです。

 ただただ大衆受けを狙った批判記事が、あたかもマスコミの使命であるかのような偏向報道に対しメスを入れたトランプ大統領の政治のやり方は、案外悪くはないと思います。色々と新しいやり方に反対や反発は付き物ですが、それを恐れていれば何も改革は出来ません。

 

 政治家は引退してからが本当の評価が下される残酷で厳しい仕事なのです。トランプ大統領も辞めてから、その「善し悪し」を歴史が判断することでしょう。