えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-03-11 15:11:44.0 『弱い人へのいじめ虐待を少しでも減らす社会に!』

 東北大震災の津波により原子力発電が崩壊し、放射性物質による汚染で避難を余儀なくされた福島県のご家族は、生まれ故郷を失い今でも馴れない生活環境の中、苦痛と不安を抱えながら暮らしております。そのようにすべてが不安定な状況下にある子供たちが避難先の学校で差別や偏見などで、今もなおいじめられている現状が新聞やテレビで報道されております。

 このブログをご覧になっておられる読者の皆様も私と同じだと思いますが、このような報道を見聞きするだびに、非常に腹が立つやら、やるせないやら、誰にともなく大声を張り上げたくもなりますが暫くは何かを考る事すら出来ないほど、深い悲しみに落ち込んでしまいます。

 

 学校という所は今、社会現象が端的に一番表れる所となっています。したがってそういう面で教師の方々の苦悩と日々の職務において気を休める事が出来ない重圧は、大変なものがあります。

 私は文教経済常任委員として市議会の中で15年以上、様々な審査を行い報告を聴いておりりますがその度に、人間は如何に教育が大切であるかをまざまざと実感致します。どうして目の前にいる深い悲しみを抱えながら、心細く辛い想いを必死に耐えながら生きる人間をいじめるのでしょうか?

 人間の姿でありながら人間ではない人間とは、人の弱みに付け込み、弱者をいじめ、虐待し、差別しそのすべてを蹂躙しても何も感じず、むしろ喜び楽しんでいるような輩。権力を貪る者、訳も分からず暴言を吐き、誹謗中傷だらけの文章で相手の立場や人格まで傷付けて得意そうな顔をしている輩。あなたの周りを見回してください。そんな輩はいませんか?

 

 元来、私たち日本人は、決してそのような事をする民族ではありませんでした。したがって現代の日本人は心の内面においては、ドンドンと退化し貧しくなってきていると言わざるを得ません。

 この事の根本原因は、まさしく戦後の教育にあるのです。

 イギリスの世界的歴史学者であるアーノルド・J・トインビー氏は「12~13歳までに民族の神話を学ばなかった民族は例外なく滅んでいる」と言い、またドイツの歴史学者のランケ氏は「その民族を滅ぼすには、先ずその歴史を抹殺し、次に別の歴史を作ってこれを信奉させることだ」と言っています。

 このことから、私たち大人がまずは率先してもう一度真実の歴史を、神話を学び直し、子供たちに伝えて行かなければならないのではないでしょうか?

 

 避難して来た人をいじめるような人間は、大人になってからもそれを繰り返すことでしょう。子供は純粋ですから、何色にも染まります。社会全体が悪色(悪い環境)では、子供たちの心にも悪が浸透し、それが当たり前になってしまいます。

 幸せの基盤は家庭であり家族です。これが基本なのです。親子も夫婦も兄弟もお隣同士が仲良く助け合い、思いやりのある言葉や態度でそのコミュニティの中で共に生きていくことの大切さを感じながら、それが全国に広がれば学校の中から陰湿ないじめや不登校、虐待なども無くなると思います。

 今起こっているすべての負なる社会現象は人間の内部、心から出ているのです。