えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-09-01 18:21:20.0 ♢ 北朝鮮のミサイル発射を機会に、本当にこの国の事を考えませんか!♢

    戦争中の警戒警報のサイレン、あの重も苦しく恐ろしい、子供の時に防空壕に母親と、兄弟で逃げ込んだ事が頭に浮かんだ8月29日、朝6時のけたたましい Jアラートのサイレンの音に、72年前のあの戦争の悪夢を思いだし背筋が寒くなりました。

  

 あの北朝鮮の暴挙、誰も止める人が地球上におりません。 我々日本人や世界が口先でけで平和・平和と叫び訴えても聞く耳も持たず、話し合いもする事はなく困ったお隣さんです。 在日北朝鮮人の方々や同じ体制や考えを持つ日本の左翼の人達は、押し並べて北朝鮮のあの愚公(どんなに困難でも努力を続ければ・・)を支援しているか・・? あれだけ日本の政治を批判をする人達がなぜ静かにしているのかが不思議でなりません・・?

 

 この恐ろしい北朝鮮の一人の人物を生み育てた政治的環境を考えると、議会制民主主義が大切であるかが証明されています。 自分の考えてる事と違えば、兄弟や身内でもすぐに殺す、あの独裁体制の国にした国民に一番問題があります。

 

 黒船がきてわずか15年後に維新を断行、明治政府をつくり・国会をつくり、選挙で毛利家の足軽だった伊藤博文を総理大臣にして、新しい議会制民主主義を取り入れたこの日本国には、それぞれ一人一人が優秀な考えを持っていたのです。    

   これからが大変です、この地球上でアメリカが監視役(警察官)と言っていましたが、トランプ氏はアメリカの事だけと考えています、日本はアメリカの統治国ではありません。只、同盟国にすぎません。

 

 我々日本国は主権国家として今後どうするのか、総理や大臣まかせでは駄目なのです。 国民の考えと行動・情報知識が必要です。もう一度真剣に日本の事を考え、勉強し行動しないと間違いなく三等国になります。

 

   そう思いませんか・・・!?        では又、