えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017/10/09 15:43 <有権者の判断で日本と新潟六区の運命が決まる!>

 

  今、上越市は武器を使わない選挙戦が始まっています。市長選挙は4年に一度10月に行われる事は分っている中、突然衆議院が解散になり国政選挙と重なりました。 

 私達の身近な問題の明白を左右する選挙です。国政は国の安全保障に関する外交問題が焦点です。安倍総理はトランプ氏、プーチン氏、習近平氏などと何回も会談を重ね、人脈と経験を持ち永く責任政党与党である自由民主党を代表して来た人物です。安倍総理は100%とは評価されませんが安定感があるリーダーだと思います。

 

 しかしながら野党(共産党・社民党・旧民進党・自由党)連合は徒党を組んで何が何でも、「安倍政権は戦争の準備をする危険政権」であるから引きずり倒すと言う、国防の安全保障問題や外交を一切考えない、国家の事より自分達の当選だけが主目的の視野の狭い浅はかな評論家的自政治屋です。 

 安倍総理の側近高鳥修一氏を落選させる為にオール野党連合で与党の一議席を奪還しようと必死です。同じ構図に参議院選挙、知事選挙と2度保守陣営が敗退しています。その結果は政府と官僚の逆襲に遭い、新潟県の大きな政策要望に対しては予算が付きません。

 

 政治は力です。もし萬年野党の少数政党の候補が地元の代表になってしまえば財源の少ない地方自治体では住民の要望は何も実現できません。政治が停滞して、又深く暗い経済不況に戻ります。 

 旧民主党政権時代を思い返してみて下さい。国や県は自由民主党政権です。そのパイプ役の市長、国会議員を引きずり落として上越地域が「得」をするのでしょうか?政治の55年体制は崩壊しています。左翼の方々にお尋ねしたい!安倍氏を倒して誰を日本の総理にするのですか? 

 政治家としてこの国を代表する総理候補も国民の前に明確にせず、只混乱を招く無責任な批判しか出来ないのに、口先だけで経験実績も何も無く、人脈も無い代表を選んでしまう考えの無い有権者も残念ながら何万人もいるのです。 

 過去2回の敗北(参議院選、知事選)と同じ事が起きる恐れがあります。皆様も政治家です。それが民主主義です。遅れるも進むも住民のレベルです。良く考えて投票しましょう!五区は田中角栄先生を育てました。六区は誰を育てるのでしょうか?