えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018/01/17 08:48 ♢ 上辺だけの知識で良いのか・・? ♢

 

   色々な本が出ています、あれも読みたい、これも読みたいと思うものばかりです。 しかし77歳になってみて感じた事は知識の深い事は悪い事ではないのですが、最近の人間は頭も良く大学に行く人も多い世の中になっていますが、本当に大人らしい大人が少なくなり、人間の魅力の温かさ、気張りや礼節の無さ、責任感の無さ等の奥深さをつくづく感じてなりません。

 

 それは本やパソコン・スマホからの知識や情報だけを見て、目から吸収し頭にインプットしてもその時だけで、自分の身体の中に浸み込まず、行動するための知識や周辺の人間に影響を与える知識が無いからです。 勉強は良い事で大事な事ですが、私の体験では、色々な人間に直接合って一緒に行動して、その人から人生哲学・経営哲学等々、その人の魅力の源の気配りの深さ、直実の知識を学びましたことが非常に役立っております、いわゆる苦労と言う宝石箱の中に、生きて行く為の知識がキラキラと輝いているのです。 本の中に書いてある知識より周りの人から良い所をどんどん吸収し学ぶべきです。

 

 失敗した人間をよく見る事も勉強です、私は永い間色々な政治を通じて、大臣経験者や首長、議員と様々な企業や組合、団体の長と接し、生きるか死ぬかの選挙戦を体験してきましたが、人間を見ると本物か偽りの人物か本当の知識人かどうか分かります、本当の知識や知恵は書物や学歴・家柄だけではありません、世の中は作れば上辺はごまかせますが、所詮メッキはメッキ本物ではないのです。

近頃中々、本物の大人の方と出会いが少なくなり寂しい限りです。

それだけ上辺だけで中身をごまかしている世相の日本列島、このままでは私は良いとは思いませんが皆様如何ですか・・! 

 

   古いことを言うと笑われますが、昔の人の方がはるかに生きた知識が高かったと思えます、傲慢堕落、天狗にならず己に厳しかった武将や軍人、明治の政治家・実業家・学者、今日より人材が沢山いた日本でした。 どうして少なくなったのか考えさせられます。   それでは又,