えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018/01/24 17:03 <国民、市民の政治レベルが繁栄と生命を守る!>

 

 責任政党自由民主党安倍晋三総裁は昨年10月国民に信を問いました。戦後最もこの国の安全保障環境に対しての脅威はあの北朝鮮による核実験や弾道ミサイルの発射であります。政治は国民の生命と財産を守ると言う重大な責任があります今あの北朝鮮の指導者や幹部の政策を変えさせる為国際社会が圧力を最大限に高めようと国連で決議をし、安倍総理も外交手腕を発揮して懸命に努力されております。 

 歴代内閣の中でも一番重要問題を抱えた中で安倍総理の発想、行動力に対して国民は高く評価して良いと思います。又与党内も結束して安倍内閣を支え協力して内紛、分裂も無くこの国家の危機的国難に対し打開に向け頑張っています。 

 世界の国々の政治を見ると中国、ロシア以外の自由主義国家の首相、大統領は常に政府内の内紛で政治が安定していません。その点、今現在の我が国は国民のレベルが高く、正しい審判で国民も政府に協力していると思います。これはある面では日本は他国と地続きで無く、難民が押し寄せてこないといった島国の良いところかもしれません。ヨーロッパや中東、アジアの中でも宗教、民族、部族の対立による紛争で何千年と続いている悲劇が無い日本は大変ありがたい国だと思えます。 

 しかしもう一つの国難は人口減少です。日本全国、特に中山間地域の過疎は殆どが20年後には消滅してしまう自治体が出てしまうぐらいに深刻です。今でも観光地は外国人が来てくれなければ成り立たない位な時代となっております。サービス業や介護を求められる施設等所謂労働集約型の業種は外国人労働者がいなければ運営が出来ない状況です。多くの外国の方が従事すれば残念ながら色々な面で新たなる難題が又起きてしまうのが目の前です。 

 政治がやる事、政治家を育てる事、政治に関心を持つ事、私はこれらの事に対して地方こそ今まで以上に精神を集中すべき時が来ていると思います。政治への嫌悪感、無関心、非協力な姿勢は必ず悲劇、衰退、混乱、不幸が起こるのです。もうその姿が現れつつあります。考えましょう!一緒に話をしましょう! 

            それでは又。