えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-02-13 06:01:39.0 ♢ いよいよ政治家の本質が分かる ♢ 

 

 選挙が怖いから憲法に深く関わりたくないリベラル派と呼ばれたい、国家の重要な課題より自分の選挙が大事、国民受けをする愛想を振り撒く軽々しい政治家の匂いも感性も無く、只、どこでも顔を出して白い歯を見せて名刺をバラマキ握手している政治家もおりますが、その目的は胸にバッチを付けたいと言うだけで、天下.国家のためにこれだけは将来の為やらなければならないと言う政治家への信念.心情が無い人を選ばないで欲しいと思います。

 

 今この国は北朝鮮・中国・ロシヤの武力強化で必ず日本とこの日本海、太平洋を把握しアメリカを弱体化させるという考えで世界全体を支配したいとゆう狙いです。こういう時本当にこそっ本物の政治家かどうかわかるのです。

 

 自分を無にするのではなく、どうすればいい役職に付き名前が新聞やテレビに写り、選挙に当選するかのみの軽い政治屋さんでは、この先、この国にとっては少しも良くありません。

自分のビジョンの中に、愛国心のかけらも無く政治家の振りをしている駄目議員かどうか、この憲法問題の態度、考えが一つのバロメーターです、有権者諸氏の方々も様々な勉強が必要です。

 

   情報をしっかりつかんで置きましょう。