えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-04-01 09:52:34.0 ♢ 自分達の国は自分達で守ろう!! ♢

 日本は戦争を行った経験から、戦争のむごたらしさ.悲劇を体験し、戦争程辛い事は日本人なら骨身にしみ、あの様な馬鹿げたことは二度とやってはいけない。 日本人ほど平和の尊さを知ってきた73年間であった、そして憲法も戦後新しく制定して戦争を放棄した、侵略されても交戦権も無い軍隊だから当たり前である。しかし自衛隊は現実的に存在している、一部の絶対平和主義者と左翼の平和主義者の人達は自衛隊は憲法違反であると70年も叫んでいる、世界の中で自国の安全保障問題.国防に対して国民が無関心、自国の防衛を他国任せの国はGセブンの中にも無く先進国の中でも日本だけである。

 

 国防の一番大事な憲法問題を取り上げれば、日本は再び戦争する事になると、戦前の国に戻すなとヒステリックに叫び、国防関連法案には一切反対と運動を続けています。

どこの国でも強化な国の安全保障会議(NSC)が設羅されています、そして情報収集.防諜は当たり前に行っています。米国のCIA.英国のM16.イスラエルのモサド、日本と同じ敗戦国ドイツのゲーレン機関(ラインハルト・ゲーレン=ドイツの軍人.官僚)それぞれ世界の一級の情報機関です、又ロシアのKGB中国や北朝鮮.韓国政府も世界の最前線で、自国の安全保障の為の情報収集のスパイ活動を行っているのに、日本の内閣、特に防衛省の中に公安調査専門やテロ・防諜の専門組織などが、警察庁  海上保安庁などと合同の情報組織を安倍総理や防衛庁長官は掌握しているのでしょうか・・!

 

 野党は日本国のことよりこの国を弱体化させ、日本を崩壊に結び付け様としています、只.、安倍と麻生の首を取り近隣国喜ばせる事ばかりです、マスコミは左翼陣営に協力、知識人や文化人まで反戦.平和の理念優先だけで中国.北朝鮮.ロシアの軍事力の強化の覇権主義の手伝いを行っていて良いのでしょうか・・!

 

 早く手を打つ必要があると思います。 トランプ氏はアメリカ第一主義です、米.朝・米.中国・米.ロシアのトップ会議で日本はどうなるのか? 国民の決断の時期も来ています。日和見主義で他国任せの防衛で良いと思いますか・・!         それでは又、