えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-06-10 20:19:20.0 大事な事やらずして良い事は起きないです

 世の中の動きには、必ず兆候が微力ながら現れ始めます。人間の健康も、なぜ早期に精密検査が必要かと言えば、身体の中に当人でも分からない細胞や血管の異常を見つけてくれるからです。世の中が少しずつ健康でない異常な状況が表れ始めている時、人間ならばドックや入院手術、リハビリもありますが、社会全体にはありません。

 悲しくて寂しい事ですが、子供への大人による変質的な怪奇な殺人事件や、無抵抗な力の無い幼児へのまるで地獄絵図のような折檻、虐待事件が連日報道されています。また、学校での陰湿ないじめによる一番弱い子の自殺。そしてその原因の調査を内部で必死に対面と責任追及を恐れ、ひた隠しに走る学校と教育委員会の幹部。これらの一連の事件や行為は、小さな事の様ですが、その病巣は日本の一流企業の体質や、政府の中核の中にまで、同じく陰湿で汚い病原菌の様にはびこっているのです。

 この様に病原菌に侵されているのに、手術や薬を処方する名医や賢者、リーダーが日本には居りません。色々と気が付き、批判と評論を書くマスコミや大学教授の偉い先生方がおられますが、この先生と言われる人ほどバカで能無しと言う言葉通り、自分の論だけが正しく、あれが悪いこれが悪いと言うだけで、結論も行動力も無く、高い原稿料や講演料、テレビの出演料を求め、自分が目立ちさえすれば良いと言うだけの知識人に過ぎません。

 世の中の仕組みや制度、特に法律や憲法の改正、そして国家100年先を考えての提言を行うなど、時と場合を考えての手術療法をやれる人物が必要です。それはやはり、大学の先生ではなく、政治家の仕事です。

 日本人の悪い癖として、出る杭を叩くと言うのがありますが、悪いマスコミと共謀してなんでも反対して、それで飯を食べ、自分の存在だけを売り物にしている人もいます。しかし、やはり世論の基である市民、有権者が正しく、高い判断をする事が、世の中の悪い流れを正常に戻す名医であると思います。

 この町、この県、この国の未来を決める政治を勉強する事、関心を持つ事、選挙の投票に行く事が何より大事な事ではないでしょうか。