えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-07-07 06:30:18.0 ♢ 豊かさは本当に人間の為に良いのか・・!♢

 先日、政治評論家の金美齢さんが来航され講演をされました。 やはりお生まれが台湾出身で戦後の日本の政治と世界を飛び廻り、様々な政治家や政治学者・マスコミ人などと接しこられただけあって、政治の捉え方が幅広く、深く話されましたが一つだけ気になった事がありました。

 

 前座に先日当選した花角知事が挨拶し、安全.安心な新潟県を作りますと言って次の会場へと行かれましたが、金美齢さんは私の話を聞かないで次の会場に行くようでは次は落ちる・・?  又、安全.安心の他にもう一つ、豊かな県にすると言わなかったと指摘されました。 

 

 貧困より豊かさは良い事ですが豊かになりすぎた現代社会、日本国を愛する気持ちを失ったり、親子兄弟の情を失ったり、隣近所の人間関係が気薄になったり、恥を恥と思わなくなった日本人、日本人足ることに感謝せず、不平不足ばかり、困った時は神頼み・・!、豊かになると日本人の大切な心を置き忘れて来た今日の社会、少しは反省して「足ることを知る人は幸せ、」そう言う社会をつくるのが本当の偉大な苦労人の政治だと思いますが如何でしょうか。 

 

 徳川家が政治を仕切った260年間のあの時代、質素を宗として上に立つ者程、健全な精神性だったような気がします。