えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-07-08 17:26:57.0 ♢ 生き様を振り返れば ♢

 私事で恐縮ですが716日、78回目の誕生日が来ます。 昭和15年生まれですから大東亜戦争と戦後の激動期を過ごしてきました。又、子供の頃から好きで憧れていた全国を巡業で回れる相撲業界で、8年程宮城野部屋にお世話になり、当時は今以上に封建的で上下関係の厳しい修行を体験し、全国を見て回ったのでアメリカとヨーロッパをこの目で見たいと言う夢を諦め切れず、若さと行動力で熱い野望と野心で時には命がけで放浪のの旅を続け、その後、母親の病気の介護で帰国、故郷に帰り商売と政治と選挙に(人物をつくる為)に没頭し、51歳で自分も市議会議員となり今日まで激しく生きて来ました。

 

 10代の頃から一回ポッキリの人生、お金の欲や地位、肩書の欲も無く只、心に浮かぶ浪漫があればそれでいい、365日、124時間、心の緩みと慢心が最大の敵と言い聞かせ、一日一日自分に自分を裏切らずに生きて来ました。

 

 子供の頃の私達の時代の国民は、皆んな強い正義感を教育されていた関係から、今でも世の中の不情理やこの国の歴史や伝統の不適切な考え方や口先のまやかしの平和主義者や日本の弱体化と売国的な考え方に対する険悪感と闘う信念を持ち続け、日本人の矜恃(きょうじ=自分の能力を信じていだく誇り)を持続したいと思います。

 

 我が人生、一生「信念を貫いて」行くのが自分の道だと思います。                                                                  では又、