えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-08-05 07:07:41.0 ♢ 無関心は地域や国を滅ぼす基 ♢

 猛暑が静まる頃、自由民主党の総裁選挙が行われます。日本のリーダー、指導者を誰にするか決まる大事な選挙です。私も自由民主党の党員ですから地方党員票を持っています、当然で無党派層の人や野党の方には日本のリーダーを決する政党の政治運動や党の活動に参加していませんので、その権利はありません。

 

 私は50年近く、命の次に大切なものは政治であると思い、政治と選挙に明け暮れて来ましたが多分、安倍晋三氏に決まると思いますが政治の安定は国家の安定に結び付きます、戦後73.敗戦後二度と日本が欧米白人達に戦いをする考えを持たない国にするか・?、日本人は優秀民族だから弱体化と骨抜き政党に行使してきました、又.日本人の中にもその考えに同調し、自由民主党政権のやる事なす事に真っ向から反対と批判で三食食べている人達もおりますが、そう言う人達の思想.運動で諸所に思い通りの優秀性が薄れ、礼節や思いやりも失い、自分個人と金銭第一主義だから人口も減り続け、町の中も中山間地も空家と老人と独身者ばかり、政治は批判ばかりで無関心、こう言う国家にもう一度、国民に新しい国家像を提示する自民党総裁に、安倍さんに期待したいのです。

 

 日本の野党は何とか安倍だけは引きずり下ろそうと必死でしたが新潟県知事選挙で国民の流れも変わり、経験豊かな自由民主党政権の信頼を勝ち取りました、政治派国民の考えと行動で決まります、是非政治に関心を持ちましょう。                                                             それでは、