えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-11-07 07:37:48.0 ♢ まちや地域の活性化は住民の努力.気力で決まる ♢

 9月議会が閉会すると、1011月は全国の地方自治体の議員は、視察研修で色々先進的に取り組まれ、政策的に成功している自治体の実例を、直接その県...町の役所や組合.団体に前持って視察目的の項目を通報し、相手先の了解を戴き出発致します。

 

 上越市会では4っの常任委員会、3っの特別委員会、議会運営会派の4回の視察を行っています、市民から見ると物見遊山の官費旅行と思われておりますが、中にはそう言う議員もいるのでは・・・!とは思いますが、私達は温泉のある自治体の観光行政.3セクターの経営の成功実例を見に行きその原因の勉強に行っても、温泉宿や旅館などには泊まらず、ビジネスホテルで宿泊する事になっています。 夜の食事後は視察報告書を記憶のある内に書きますので深夜までかかります、視察でこのまちのここが良いこのやり方が良いと言う事例は、私は委員会や特別委員会.一般質問で執行権者である市長始め、 復市長.部長の幹部に政策を提言してきました。

 

 色々な市や町で又、山村の小さな自治体が廃校利用の成功や移住定住の成功. 中心市街地の再開発.3セクターの立て直しの成功、赤字鉄道の黒字化.空家利用の成功.中山間地の活性化等の成功を見て来ましたが、これらの所はほとんどが行政には頼らず、その地域の人達の結束力の強さと、やる気のあるリーダーに協力する何人かのチーム力で思わぬ成果を上げています、行政側も行所に協力してくれる地域には応援の予算も付けています、やはり男女や年齢には関係なく前向きに普段から人柄の明るく良い人達が集まる地域と、その反対の何を行うにしても、理屈こきの多い地域や意見も言わず、蔭でリーダー達の批判ばかり多い所には行政も手を貸さないし、貸しても成功していません、その事がハッキリしています。

 上越市も段々その姿が表れ始めています、そのように感じませんか・・!      

                                                         では又、