えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/04/02 16:03 ♢ 新元号「令和」で感じた事 ♢

 

 新しい年号が決まりました、アメリカは大統領領、中国は国家主席、イギリスは女王殿下が変わっても年号や元号を変えると言う歴史や習慣.文化は有りません。

.中国で行つておりましたが、世界では日本だけです、しかも万葉集と言う日本古来からの和歌を参考に、東洋文化の一つ漢字の意味から世の中を「平和」「人の和」が人間社会に必要であると、一つの時代が変わるたびに改元を行いマンネリ化や様々な悪い習慣を悔い改め、人々が美しい花の下に集まり平和で災害や事故も無く、人々が助け合いながら仲の良い文化が香る国を造りましょうと言う思いを込めて年号を「令和」と付けたと安倍総理が記者会見で国民に語られました、51日に平成天皇から「令和」天皇へと引き継がれる新しい日本の国の歴史が始まります、その新しい時代に向けもう一度日本と言うこの尊い歴史と文化について日本人は勉強をするしっかりする機会ではないかと思います。

 

 自分の国の正しい歴史認識を正しく学び、歴史を勝手に改ざんした誤った著書や意図的に信実と違う歴史感を物語りに書く、歴史家や思想家.評論家も多く国民が混乱し正常な国家観も失われ、特に国民に政治以上に影響を与えている日本のジャーナリスト、色々な評論家.大学の学者の方々が本当に次の世代の若い方々に、新しい「令和」と言う時代の目標..ビジョンを、昭和と平成の時代に生きた我々が指導出来ているのかを考える機会ではないかと41日の発表の報道で感じましたが、皆さんは何を感じましたか・・!    それでは又、