えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/08/20 10:40 ♢ 慰霊斎とこれからの覚悟、目標を語り合う日 ♢

 

 8月は原爆投下により広島.長崎の犠牲になられた方々を追悼・慰霊し、平和宣言と『二度と核兵器は使用しない』世界平和を願う尊い日です、このことは永久に世界に発信し続けなければならないと思います。

 

 昭和202月、戦力を立て直してきた連合軍の猛攻撃により、南方の拠点であったマニラが陥落しました、当時の日本軍は武器弾薬の補給もなく壊滅的状況で、原爆を投下しなくても灰色は濃厚だったのです。

 

 日本は一日も早い戦争終結をアメリカ軍に交渉しますが、ルーズベルトとルーズベルト急死後の大統領となったトルーマンは、ルーズベルトの遺言通り戦争を長期化し、東京.大阪.名古屋などの日本の大都市の丸腰の市民を殺害し、又、沖縄上陸作戦で日本軍は玉砕し多くの島民も死にました、8月戦争終結を懇願しているのに原爆を投下し、スターリンのソ連軍が不可侵条約を結んでいたにもかかわらず満州やカラフト・北方領土に火事場泥棒のように入り込み、10万人もの日本人を殺し60万人を捕虜として重労働を課し、共産主義教育の洗脳を行いました。

 

 昭和20815日、日本の歴史始まって以来の敗北と廃墟の中で、戦争終結の玉音放送が流れた日は子供ながらに記憶しています、大人達は呆然とし、涙を流し役場の前で放送を聞き「これからどうなるのか」とうつろな目が印象に残っている暑い夏でした。

 

 さて、あの日以来、日本人の心の中が変わりました、「忠」や「公」はどこに消えたのか『戦争をやった軍国主義が悪い』『日本人は悪い事をした』そればかりが先走り、日本人を戦争に追い込んだ欧米列強は勝った勢いで、日本を二度と立ち上がれないようにする為、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム=戦争の罪悪感を日本人の心に植え付ける為の宣伝)や日本弱体化計画を進めました。

 

 それから74年目を迎え今日の社会状況です、国防は信用できないアメリカに依存し、丸腰の日本に向けミサイル実験を続ける隣国に何もできない何も言えない、情けない独立国をどう思うのか? 815日私たちはこの厳粛な日に、慰霊斎に参加しその後、日本の安全やこれからの将来の世界に向けどう言う目標をもって進めていくのか、一人一人が思いを述べ合う勉強会を琢磨塾と不識の会で行いました。

 

 もう一度「仁」と「義」この心を世界のために日本人は生かすべきだと思いました。