えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/11/12 21:16 首里城消失と雁木の消滅、高田城の復元は

 沖縄観光の目玉でもあった那覇市の首里城正殿が火災で焼失してしまいました。炎に焼け崩れる首里城がテレビで放映されている場面の中に那覇市民の顔も映りましたが、皆さん、炎を見上げながら涙を流されていました。肉親の火葬場の様な状況の崩れゆく城への別れの感情が、遠く離れている私達の胸の中にも伝わって来ました。

 沖縄は昭和のあの戦争で、数多くの歴史的建造物が消失し、やっと時間を掛けて復元した琉球文化の最高の物が結集して造り上げた建物や展示品のすべてが灰に帰してしまいました。

 伝統文化の損失は、取り戻す事の出来ない遺産の損失です。上越市も昭和50年代に五智の国分寺の本堂にあった大きな五つの如来像と大伽藍を火事で焼失させてしまったり、また高田本町3丁目の大正4年建造の木造の高田市役所や、高田公園内にあった陸軍の師団施設の一つ偕行舎、直江津駅前いかやの木造3階建ての入口、高田本町6丁目高田館の入口など、上越の旧市内の中にも多くの歴史が染み込んだ建造物があったのに保存もせず、いとも簡単に解体したり、火事で焼いてしまいました。

 文化財として後世への伝承は、その時代に生きている人間の責任感の表れです。全く誰も責任を考えなかった、悲しい心の在悪寒を感じてなりません。国も県も市も、文化の薫りと遺産を守り大切にする心の無い所は、味気ない所になってしまいます。雁木も高田の心の表れた「情」の表現の通路です。段々と消えています。人情が消えて行っている姿なのです。淋しい事です。それも各個人の持ち主の心の問題です。文化財の保存は、崇高な人間の心の持ちように懸かっているのでしょうか。

 首里城は必ず復元するでしょう。高田のお城も復元したいですね。